会議室設置型テレビ会議システム「V-CUBE Box」の設置・操作の“簡単さ”を検証する|テレビ会議・Web会議のクラウドサービス - ブイキューブ

テレビ会議・Web会議 ホーム > Web会議まるわかりガイド > 選び方ガイド > 会議室設置型テレビ会議システム「V-CUBE Box」の設置・操作の“簡単さ”を検証する

2016年03月01日

選び方ガイド

会議室設置型テレビ会議システム「V-CUBE Box」の設置・操作の“簡単さ”を検証する

テレビ会議システムは普及期に入ってきており、それにあわせて多数のメーカからさまざまな製品が発売されている。しかし、簡単に、設置・操作が行える製品は実は数少ない。他方、ポリコム社は2016年でVSXシリーズのサポート終了を告知するなど、主要テレビ会議端末メーカのサポート終了が今後控えており、これからシステムの入替えや拡張のニーズが高まると見られている。
そういった中、既存のテレビ会議端末から乗り換えを検討しているユーザからは、ブイキューブから発売された会議室設置型のテレビ会議端末V-CUBE Boxは、価格もさることながら本体セットアップから会議の操作までとても簡単と2015年秋に発売以来好評だ。
そこで今回、遠隔会議市場を十数年以上専門にワッチしているCNAレポート・ジャパンの橋本啓介がV-CUBE Boxの設置・操作の“簡単さ”を検証する。

V-CUBE Boxとは? 簡単リモコンで操作ができる会議室設置型フルHD対応テレビ会議端末


CNAレポート・ジャパンのオフィスで検証を待つV-CUBE Box

V-CUBE Boxとは、低コストで導入でき、小規模から大規模とさまざまな会議室に対応する1080p(H.264SVC)対応テレビ会議端末。

簡単リモコンで操作ができる会議室設置型で、市販されている他社製テレビ会議端末よりも、同等以上の高画質・高音質を実現しながら、イニシャルコストからランニングコストまでかなり低コストで導入できるのが特徴。V-CUBE Oneとの契約で、PCやスマートフォン・タブレットとの接続も可能で、MCUなしで最大100拠点以上の多地点接続もできる。さらには既存の他社製テレビ会議端末との相互接続にも対応しており、ブイキューブのネットワークサービス「Global Link」を組み合わせると国際間で安定したテレビ会議が行えるようになっている。

「費用をかけずに手軽に導入したい」「導入済のテレビ会議端末を低コストで買い替えたい」「それらを活かし利用拠点を拡大したい」といった企業に最適だ。もちろん、ユーザをバックアップする保守サービスも万全だ。ハードウェア保守は3年。24時間365日のサポート窓口を受け付けている。

市場を見回すと、“簡単さ”をうたったテレビ会議端末は数多い。その中で、本当にブイキューブのV-CUBE Boxは設置・操作が簡単なのか、これまでさまざまなテレビ会議端末を見てきたCNAレポート・ジャパンの橋本啓介がV-CUBE Boxの開梱・セットアップから会議を実施・終了するところまで検証した。これから導入や端末の入替えなどを検討している企業にとって参考になるのではないだろうか。

開梱からわずか10分程度でセットアップ完了

2月某日午前9時、筆者(橋本啓介)の自宅オフィスにV-CUBE Boxが届き、ブイキューブの担当者が立ち合いながら、V-CUBE Boxを箱から出すところから、機器の取り付け、電源ON、ポイントtoポイント/多地点/資料を交えた会議の開始・実施までを確認した。


V-CUBE Box本体を箱から取り出す 橋本

まずは、箱から取りだしてみると、コンパクトなV-CUBE Box本体に驚く。入っていたのは、カメラ、マイクスピーカー、リモコン、リモコン用赤外線受光機のほか、HDMIケーブル、AC電源、三脚、CD-ROMなどの一式。本体は軽く省スペース向けのデスクトップPCの本体を想起させる。それにしても、背面のインターフェイスは、LANポートのほか、HDMI出力端子やUSB端子などテレビ会議を行う上で必要十分なインターフェイスを備えている感じだ。


省スペース向けのデスクトップPCの本体を想起させる
V-CUBE Box本体

早速、検証作業を開始だ。
最初に自宅オフィスにある23.6インチの液晶モニターとV-CUBE Box本体をHDMIでつなぎ、本体のUSBポートに受光機やカメラ、マイクスピーカーを手際よく接続。そして、LANケーブルを本体と家庭用ルーター(個人用光Bフレッツに接続)に結線。最後に、AC電源のケーブルをコンセントにつないでセットアップを完了した。


HDMIケーブルを接続

これまでさまざまなテレビ会議端末を見てきたとはいえ、初めてのセットアップでは緊張するものだ。しかし、マニュアルなしで初めてのセットアップで、開梱からわずか10分程度でテレビ会議開始readyの状態になった。慣れれば5分もかからないのかもしれない。デスクトップPCのセットアップが自分でできる人であれば簡単にセットアップができるはずだ。

「ログイン」「会議開始方法の選択」「会議室の選択」の3ステップで会議開始

本稿の続きをご覧いただくには、こちらのフォームへ必要事項をご記入いただき、完了画面よりPDFをダウンロードしてご覧ください。

>>関連リンク
ビデオ会議 テレビ会議システム 最新動向2016
従来コストの1/3で既存のテレビ会議システムを拡張するには?
V-CUBE Box 製品情報

V-CUBE Box 本当に簡単なのか検証しました

資料請求・無料体験はこちら

選び方ガイド

導入事例

ブイキューブ開催セミナー

テレワークで日本を変える | テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ ASPSaaS JMA ISMS

ページトップへ