News & Topics|テレビ会議・Web会議のクラウドサービス

テレビ会議・Web会議 ホーム > News & Topics一覧 > News & Topics詳細

News & Topics

[パイオニアVC]パイオニアVC、紙を使った協働学習を実現する「CamiApp S」と「xSync」の連携ソリューションを提供

2015.05.13

パイオニアVC、紙を使った協働学習を実現する
「CamiApp S」と「xSync」の連携ソリューションを提供
〜生徒がノートに書いた手書きの解答を表示、比較することができる学習環境を実現〜



パイオニアVC株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:原清、以下パイオニアVC)は、コクヨS&T株式会社(本社:大阪府大阪市/社長:八十卓志)が販売する紙のノートに書くだけでデータ化できるデジタルノート「CamiApp S(キャミアップエス)」と協働学習を実現する「xSync(バイ シンク)」を連携した学校向け手書き・協働学習ソリューションを提供いたします。生徒が専用ペンでノートに手書きした内容を「xSync」に取り込み、電子黒板に表示、比較することが可能となり、従来は難しかった紙を活用した、協働学習を実現します。

本ソリューションは、2015年5月20日(水)から22日(金)に東京ビッグサイトで開催される、第6回 教育ITソリューションEXPOに展示いたします。是非、会場にて「協働学習支援ツールと紙のコラボレーション」をご体験ください。
http://www.edix-expo.jp/

20150513_01.png

「xSync」は、さまざまな教育ソリューションと連携し、柔軟な学習環境を提供してまいります。

【「CamiApp S」について】 http://kokuyo.jp/camiapp-s/
デジタルノート「CamiApp S」は、紙のノートに書いた内容をそのままデータ化・クラウド連携できるノートです。ノートに書いてノートの所定の場所にチェックするだけで、スマートフォン・タブレット専用アプリCamiAppでデータを取得。データ化と同時に自動でタグ付けやクラウドサービスへのアップロードなどが可能で、データ化の手間や、整理の手間を大幅に削減、手書き情報の活用を促進し、仕事の効率化をサポートします。

【「xSync」について】 http://pioneer.vcube.com/edu/
「xSync (バイ シンク)」は、コラボレーションを支援するためのプラットフォームの総称です。教室にある電子黒板や学習用端末などを連携し、画像転送を短時間で繰り返し行うことで、自分のアイデアとたくさんの仲間の意見を協働し、新たなオリジナルな発想を創りだすという「シンクロする学び」をご提供します。今後は電子黒板での日本国内の高いシェアを背景に、全世界の普通教室のICT化を支援してまいります。

【報道関係のお問い合わせ先】
パイオニアVC株式会社 広報担当
TEL : 03-6867-1083    E-mail xsync_sales@pioneer.vcube.com

資料請求・無料体験はこちら

バックナンバー

導入事例

V-CUBE(nice to meet you)操作トレーニングセミナー

ブイキューブ開催セミナー

V-CUBE チャレンジ25 ASPSaaS JMA ISMS

ページトップへ