ABWとはどんな働き方?自由度の高いワークスタイルがもたらす生産性への影響とは

ABWとはどんな働き方?自由度の高いワークスタイルがもたらす生産性への影響とは

ABWとは、「働く時間」と「働く場所」を自由に選択ができる働き方です。なかには、従業員に「どのように働くか」すべて任せてしまうと、きちんと働かなくなるのではないか、と心配に思うかもしれません。しかし、ABWという働き方を導入すると、逆に生産性が向上すると期待されており、検討・導入する企業も増えています。

この記事では、新しい働き方である「ABW」の概要とメリットデメリット、各ワークスタイルとの違いについて解説していきます。

テレワークと出社を組み合わせたハイブリッドワークについての資料を こちらからダウンロードいただけます

ABWとは

blog_abw-productivity_01

ABWとはアクティビティ・ベースド・ワーキング(Activity Based Working)の略字で、従業員自身が仕事の内容や気分、予定に合わせて働く場所や時間を自由に選ぶことができるワークスタイルのことをいいます。

新型コロナウイルスをきっかけとしてテレワークが普及し、自宅以外にもサテライトオフィスやモバイルワークといったところで働くことを許可する企業が増加しました。

なかにはさらに自由度が高いワークスタイルである「ABW」の導入をした企業もあります。

ただし、ABWはオフィスや自宅に限らず自由に働く働き方であるため、どのような企業でも導入できるものではありません。移動しての作業が可能なノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどで仕事が可能な場合に適した働き方といえるでしょう。

ABWにおける具体的な働き方の例は以下のとおりです。

  • 家の用事があるときは在宅勤務にする
  • 外出時にデスクワークをするためカフェで作業をする
  • オフィスの打ち合わせスペースを利用し、ブレストミーティングをする
  • 一人で集中したいときはオフィスの集中ブースで仕事をする
  • 普段は在宅勤務でミーティングがある日だけ出社する

テレワークとの違い

場所を問わず働けるスタイルとして「テレワーク」もありますが、ABWとは少し異なる点があります。

テレワークは「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つの働き方の総称で、ICT(情報通信技術)を活用してオフィス外で働く働き方です。働く時間は企業によってさまざまですが、基本的に勤務時間は固定され、指定された時間に労働します。

一方、ABWは働く場所が自由であることは同じですが、オフィス内で働くことも選択肢に含まれます。また、時間についても指定がなく、いつでも自由な時間に働けます。

フリーアドレスとの違い

フリーアドレスとは、「固定席を設けない」というオフィス内の座席の自由化のことをいいます。フリーアドレスもABWと同様、新しい働き方のひとつとして注目されています。

ただし、席に座る位置が自由になるということだけで、働く時間や場所が自由になっているわけではありません。ABWは時間も場所も自由である働き方であるため、フリーアドレスより自由な働き方といえるでしょう。

フレックスタイム制との違い

フレックスタイム制は決められた範囲の時間内であれば、勤務時間を従業員自身で自由に決めることができる働き方です。時間に対する制度であり、場所に関する決まりではありません。

働く時間がある程度自由になるため、通勤ラッシュを避ける、自分の生活リズムに合わせて出社する、といったことが可能です。しかし、フレックスタイム制には「コアタイム」といって必ず働かなければならない時間が設定されることが一般的です。

ABWは働く時間の指定や範囲はなく完全に従業員の自由です。フレックスタイム制度は必ず働かなければならない時間帯があるため、その点に違いがあります。

ABWのメリット

ABWでは従業員が働く時間も場所も自由になるため、きちんと働かなくなる従業員が出るのではないか、と不安に思う担当者も多いでしょう。しかし、ABWは社員にとってだけではなく、企業側にもメリットが多い制度です。

ここでは、ABWのメリットについてくわしく解説していきます。

生産性の向上

ABWにより自由に働けるようになれば、従業員は業務内容や気分によって、日々好きな場所で働けるようになります。そのため、生活にメリハリができ、「集中力」や「モチベーション」アップや「発想力」を高める効果も期待できるでしょう。

常に同じ場所同じ時間で働くと変化が起こらず、日常のマンネリ化につながりやすくなります。結果として、従業員のモチベーションが低下し、効率が落ちてくるかもしれません。働く場所や時間、環境を変えることで仕事の効率がよくなると期待できます。

人材の獲得・定着

働く時間や場所が自由であれば、数多くの求職者が募集できるようになります。たとえば、自宅が遠方で通勤できない人、家庭の事情で働く時間をフレキシブルにしたい人などは、定時にオフィスへの出社が必要な求人には募集できません。

ABWであれば、勤務場所や時間によって求人募集を諦めていた人でも働けるようになり、より優秀な人材を獲得しやすくなります。

また、ABWという働き方はライフスタイルに応じて働けるため、勤務体制への不満が起きにくいという特徴があります。会社を辞めたいと考える従業員が減り、人材が定着しやすくなるでしょう。

コスト削減・オフィスの有効活用

ABWは、出社を義務としないため、全員分のデスクを用意する必要はありません。そのため、オフィスの面積縮小、備品の削減につながり、コスト削減になります。

また、空いた面積分を利用して、仕切りがある個人作業スペース、休憩スペースなどを設ければ、オフィスを有効活用可能です。オフィス内で働くときの「働きやすさ」を重視したスペースを増やせるでしょう。

ABWの課題

blog_abw-productivity_02

企業、従業員ともにメリットがあり、魅力的なABWですが、導入にあたっては下記のような課題もあります。

  • 社内整備のコスト
  • コミュニケーションや管理の煩雑

それぞれどのような課題なのか、くわしく解説します。

社内整備のコスト

ABWを導入して働き方が大きく変わると、制度の見直しやツール導入に初期投資が必要になります。

出社では顔を合わせてミーティングできますが、ABWではコミュニケーションツールなどを活用しなければなりません。書類も直接手渡しできなくなるため、データ共有のためのツールの導入も必要でしょう。

システムをあらたに導入、入れ替えすることになると、その分のコストが発生します。

また、ABWにともないオフィス内のレイアウトなど環境を整えることも必要です。オフィスの移転や内装工事まで必要になると、多額の費用がかかることも考えられます。

ただし、ある程度テレワークを導入している企業であれば、すでに導入しているコミュニケーションツールやデータ共有ツールで対応できるでしょう。

コミュニケーション・管理が煩雑に

働く場所、時間ともに自由なABWでは、従業員がどのような状態か把握しにくい状況です。そのため、勤務状況をオンラインで可視化できる仕組みを整える必要があります。

勤務管理システムやグループウェアなど、企業のスタイルにあったツールを活用することである程度は把握できるようにはなりますが、出社のときより管理は煩雑になると予測できます。

また、従業員同士が直接関わることも少なくなることから、コミュニケーションの機会も減るでしょう。

業務上で分からないことや、生活の悩みを相談しにくくなるため、従業員が不満を抱えてしまうかもしれません。従業員の悩み相談や教育などは、対面で行ったほうがスムーズになるケースもあります。

ABWを導入したとしても、場合によっては従業員同士が対面できる機会はあったようがよいでしょう。

ABW導入時のポイント

ABWを導入するときには、「仕事の効率がよくなること」を前提に判断をしましょう。

そうしないと、ABWを導入することが目的となり、逆に企業にとってマイナスになることもあります。ここでは、導入の検討時に確認しておくべきポイントを解説します。

オフィスの稼働状況や従業員の働き方を調査

ABWを導入するにあたり、まず「オフィスの稼働状況」「従業員の働き方」「スペースのニーズ」など、オフィスの現状について調査しましょう。

ABWを導入するだけで満足するのではなく、ABWを導入して社内をよりよい状態にしなければなりません。そこで、オフィスを利用する人数や時間帯、時期などを調査し、自社にとって必要な制度や環境は何かを洗い出しましょう。

調査の結果オフィスを解放する時間やデスクの数、各スペースの数や広さを調整し、働きやすい環境を作ります。たとえば、出社したい人の数を調査し、その人達が出社しても問題ないくらいデスクを用意するなど、自社に合ったABW導入を目指しましょう。

オフィスの利用状況の調査とともに、「働き方の希望」や「満足度」など従業員へアンケートをとると、より現場の声を反映させやすくなります。

各制度の見直し

ABWの導入により働き方が大きく変わるため、必要に応じて以下のような「労働」に関する制度を見直します。

  • 就業規則
  • 教育制度
  • 評価の基準
  • スケジュールの共有方法
  • パソコンや書類の持ち出し方

基本的な勤務内容はもちろん、さまざまな「共有」のルール、教育の方法は見直すべき重要な項目です。データや備品を持ち出すことも増えるため、情報漏洩が起きないような厳重なルールを設けましょう。

また、顔を合わせない状態での教育は、理解が追いつかない人を置いてけぼりにするかもしれません。気軽にオンラインで質問できる環境を整備したほうがよいでしょう。

制度を見直しする際には、想定できる事項に加え、すでにABWを導入している企業から課題の聞き取りをすると、よりよい環境に近づけられます。

各ツールの導入

場所も時間も問わない働き方にするためには、ペーパーレス化を進め、クラウド上で管理すると便利です。

ABWを導入しても、結局出社しなければならない状況となっては意味がありません。具体的には以下のようなツールは必須ともいえます。

  • 勤務時間管理システム
  • スケジュール管理システム
  • 教育ツール
  • 共有スペースの予約システム
  • 共有物の管理システム

また、オフィス外でパソコンを使う機会が増えるため、外部へ社内情報や個人情報が流出しないよう、VPNなどセキュリティ性の高い通信環境を整える必要もあるでしょう。導入するシステムやツールも、不正アクセス防止の機能が整っているものを選ぶようにしてください。

そのほか、従業員間のコミュニケーションの希薄が想定され、業務に支障が出ることも考えられます。コミュニケーションツールを活用し、教育や上司との連絡など情報を共有するようにしましょう。

オフィスレイアウトの検討・変更

ABWはさまざまな働き方に合わせたオフィス環境を整える必要があるため、オフィスのレイアウトは重要なポイントになります。

アイデアが出しやすい開放的なミーティングルームを増やすのか、周囲に声が漏れないミーティングルームを増やすのかなど、企業によって重視したい作業スペースは異なるでしょう。

また、出社を義務化しなくても、電話やウェブミーティングなどを会話ができるブースや、飲食が可能なフードスペースを別途設けたほうが生産性向上につながります。

そのほか、必要に応じて以下のようなスペース作成も検討してください。

  • ワークスペース
  • 集中ブース
  • ミーティングルーム
  • Web会議ブース
  • リラックススペース 
  • イートスペース 

作業スペースはもちろん、従業員が気分転換できるカフェスペースのようなエリアを設けると休憩時に活用ができ、従業員の満足度、生産性アップにつながります。

まとめ

ABWは従業員の生産性の向上やオフィスの有効活用に非常に優れているワークスタイルです。

ただし、時間や場所が自由であることから「セキュリティ」「情報の共有化」「コミュニケーションの希薄」など初期投資が必要になったり、課題も見られます。

働きやすい環境を整えるためには従業員の意見や希望などの情報収集や調査は不可欠です。

ABWの導入によりさまざまなメリットが期待できる企業は、事前に想定できる問題点への対策やシステムなどの環境を整え、従業員・会社ともに満足のいく働き方を叶えましょう。

テレワークと出社を組み合わせたハイブリッドワーク時代のオフィスに求められうものとは?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、2020年から多くの企業で在宅勤務を中心としたリモートワーク・テレワークの導入が進みました。そうした中、テレワークとオフィス出社を組み合わせたハイブリッドワークと呼ばれる働き方も広がっています。

ハイブリッドワークではオフィスに求められる役割や機能も変わり、従来のオフィスには無いような設備が求められます。

この資料では、このようなハイブリッドワーク時代のオフィス設計のポイントをまとめました。これからのオフィス環境整備にぜひお役立てください。hybrid-office-guideハイブリッドワークでのオフィス環境についての資料はこちら

山本脩太郎
著者情報山本脩太郎

株式会社ベーシックに新卒入社。 インサイドセールスを経て、マーケティングメディアferretの編集部でインタビュー記事を中心とした企画・執筆などを担当。 同時期に数社のコンテンツマーケティング支援・インタビュー取材を経験。 2020年3月に株式会社ブイキューブに入社し、テレワークナビ編集長を務める。