• 取組み事例

【導入事例】富士通 社内グローバルコミュニケーション基盤へ、クム エンタープライスビデオソリューション(動画配信サーバー)を導入

【導入事例】富士通 社内グローバルコミュニケーション基盤へ、クム エンタープライスビデオソリューション(動画配信サーバー)を導入

クムジャパンのユーザー事例を公開しました。

大手総合エレクトロニクスメーカーの富士通株式会社です。

グローバル規模で全世界に16万人もの従業がいる大企業で社内ライブ配信を成功させるには?

社内のみのクローズド配信で社外秘の動画配信/ライブ配信の場合、セキュリティは?何千という動画をどうやって管理するの?音声情報で必要なシーンを検索できる機能?今までにない動画配信プラットフォームでさまざまな課題を解決した富士通株式会社のユーザー事例は必見です。

富士通が実践するワークスタイル変革「グローバルコミュニケーション基盤の統一」「メール中心だったコミュニケーションを、タブレットPCやスマートフォンにも対応させかつ、ビデオ会議なども活用した、リアルタイムコミュニケーションへ」 コミュニケーション基盤の運用コストは、従来比約50%削減、出張コストも最大で約20%削減となるなど、コスト面での大きな効果が実証されているという。こういったテクノロジー(テキストから動画活用)をフル活用し、従業員を繋ぐ。そして、社内実践のノウハウを7つのサービス・製品として整理し、体系化し、企画・検討から設計、導入運用までトータルサポートされるようだ。どこよりも一歩先をいく富士通のノウハウが日本の企業に、そして経済に影響を与えていくのであろうと思われます。

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。

企業の課題解決に、まずはテレワーク導入の一手を

企業の課題解決に「やることはたくさんあるけど何から手をつければ良いかが分からない・・・」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことですが、テレワークの導入で、

  •  災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  •  通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  •  介護や育児の選択肢も増えるので、社員を持続的に雇用でき、優秀な働き手の採用・確保が可能になる
  •  プライベートが充実し、労働力意欲の向上、仕事への満足度が上がる

といったメリットがあります。

本当に自社でテレワークを導入すべきかどうかを判断するためにも、 「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」を読んでみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

新規CTA

無料の資料ダウンロードはこちら