directed-by-vcube

ロッキード・マーティン社は、米国最大の航空機製造会社で、ステルス戦闘機F-22、F-35などの製造で有名でしょう。

20160213_001.png

 今回、ロッキード・マーティン社は社内の動画配信ソリューションを再構築するためにRFPを提出し、その結果Qumuを選択した経緯をインタビューで答えてくれています。
そのインタビューは米国最大の映像配信に関する情報サイト、「StreamingMedia.com(ストリーミングメディアドットコム)」のWebサイト上で公開されているので参考までに見てみてください。

20160213_002.png

これから皆さまが、社内で動画配信ソリューションを構築する際に、手助けとなると思います。

RFPについて

質問: これまで社内動画配信システムは何社か使用していましたが、どのようにされましたか?
エリック・ハーズ氏(ロッキード・マーティン社): ロッキード・マーティンは大きく分けて5つの部門に分かれています。そのうち4部門はある会社のシステムを使用し、1部門でQumuを使用していました。それをRFPを通じて統合的なソリューションを計画し、最終的にQumuを採用することに決めました。

モバイルでの視聴環境

質問: RFPではどのような観点で選定しましたか?
エリック氏: RFPのうち大きな要素を占めるのはモバイルでした。特にiOSデバイスへの対応などがQumuはすべて回答してくれました。

RFP机上だけでなく、実際のトライアル(POC)

質問: 他に、RFPを通じて学んだことはありますか?是非、視聴者に教えてください。
エリック氏: まずQumuの担当はコンサルタントとなり、RFPを通じてどのような項目を決めて、どのように導けばよいか、正しい質問をしてくれて、正しく導いてくれました。それが大事で、大変私たちの助けになりました。
またQumuは同時に、オンプレミスでの実際のテストをすることを通じて、本当にその提案がRFPの机上の空論ではないことを証明してくれました。

オンプレミス vs クラウド?

質問: 今回はオンプレミスですがクラウドでの導入は考えていますか?
エリック氏: ロッキード・マーティンは典型的なセキュリティポリシーを理由にクラウド導入はできません。外部向けのライブイベント配信も予定しているのでそのようなケースではQumu、もしくは他社のクラウドを使用するかもしれません。

 

 

※ロッキード・マーティン社のエリック・ハーズ氏(Eric Hards)のインタビューの全文はサイトで読めます。こちらからどうぞ。

 

 

 

 

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)
お問い合わせ・資料請求

無料体験会開催中!
空いたワークスペースを会議室として有効活用できる「テレキューブ」

telecube

もしも今現在、自社で以下のような課題をお持ちであれば「テレキューブ」の導入を検討してみましょう。

  • 評価面談や1on1ミーティングなど、個人間の対話に適した場所が少ない
  • 誰にも話しかけられずに、業務に集中できるスペースが欲しい
  • 機密性が保たれたスペースで、周囲に聞かれずにWeb会議や電話がしたい

テレキューブは、オフィスの空きスペースを活用しあらゆる場所に設置ができるスマートワークブースです。Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で業務に集中できます。

また、大掛かりな設置工事の必要がなく最短1ヶ月〜から契約可能です。設置場所や利用シーンを問わず自社のオフィスに合わせた活用を検討しましょう。

詳細を確認する