• 人手不足・採用難

【導入事例】社内動画をナレッジ共有で活用するインターネットイニシアティブ(IIJ)

【導入事例】社内動画をナレッジ共有で活用するインターネットイニシアティブ(IIJ)

クムジャパンのユーザー事例ビデオを公開しました。

初めての日本法人の事例です。

日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始した日本を代表するインターネットサービスプロバイダーのインターネットイニシアティブ(以下、IIJ )の事例です。

法人だけではなく個人(家族)へのサービスへも強化をし、常に進化を続ける IIJ 。世の中で言われている「ワークスタイル変革」に、社内動画を導入し、クローズド配信ですでに700本以上の動画をIIJグループ内で共有しているとのこと。その導入から、今後の展開までを、インタビュー形式で公開されています。

どの業種であっても大手企業では縦割り文化が問題であったり、ポータルサイトが活用しきれていない、他部署との新たなビジネスの発掘とコラボができてない、技術継承、ナレッジ共有、人材育成、こういったことを効率的にどのように行っていくか、ヒントになるものがあるかと思います。

社内動画活用セミナー

2分で簡単動画作成・配信が可能な企業向け動画配信ソリューション「Qumu」のご紹介セミナーです。
Qumuは、映像とパワーポイントなどのスライド資料を活用した動画の編集が、ブラウザのみで誰でも簡単に可能です。また、企業内動画配信として自社専用動画ポータルサイトも作成することができます。

部門別のQumu活用例

  •  営業部門:研修やトレーニングのオンライン化
  •  人事総務:会社説明会、Eラーニング活用
  •  広報部門:社長訓示、トップページの配信、動画コンテンツの内製化
  •  技術部門:マニュアルの動画化

新規CTA

慢性的な人手不足や採用難にはテレワークの導入を検討を

慢性的な人手不足を受け、今多くの企業が優秀な人材の確保に悩まされています。

ワークライフバランスの充実化や健康経営の促進、従業員にやりがいを持って仕事をしてもらうための社内環境の整備など、一人でも多くの人材を確保するためにできることは数多くあります。

しかしその一方で「やらなければいけないこと分かるけど何からはじめれば良いのだろう......」そうお困りの企業担当者さまもいらっしゃることでしょう。

そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークの導入により

  • 結婚・育児等によりキャリアを中断せざるをおえなかった女性など、多様な働き方を希望する社員の持続的雇用が可能に
  • 地方や海外在住者など、これまでは確保出来なかった新たな労働力の獲得ができる
  • 働き方の多様化が進むため、従業員満足度の向上や定着率、採用力の強化につながる

などのメリットがあります。

優秀な人材を一人でも多く確保するためにも、ぜひテレワークを検討してみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

無料の資料ダウンロードはこちら

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。