Google Meetの名前は変更できる? 3つの変更方法を紹介!

Google Meetの名前は変更できる? 3つの変更方法を紹介!

テレワークが増えたためにWeb会議ツールを利用する機会が増加しました。Web会議ツールでの商談の際に、「会社名・部署名・名前」など相手にわかりやすく表示したい人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではGoogleが提供するWeb会議ツール「Google Meet」で表示名を簡単に変更する方法を詳しく紹介します。

Google Meetで名前は変更できる?

Google Meet」は、Googleが提供するWeb会議ツールの名称です。ブラウザでの利用を前提としているためパソコン用のアプリは存在せず、Google Chromeをはじめとする各種ブラウザで動作します。

Google Meetでは、会議中に自身の名前を相手に対して表示できます。

ただし会議中に表示される名前は、ユーザーのGoogleアカウントとひもづいているため、基本的に会議ごとに変更できません

しかし、名前の変更そのものが不可能ではなく、Googleアカウントの名前自体を変更してしまうことで、Google Meetでの表示名も変更することが可能です。

その方法を3種類に分けて、ご紹介します。

Google meetの名前を変更方法

Google Meetで使用する名前を変更するには、

  1. Googleアカウントの名前を変更する
  2. Googleアカウントを新規作成する
  3. Googleアカウントをログアウトする

の3つの方法があります。

しかし、Googleアカウントの名前を変更する場合、Googleの他のサービスにおけるアカウント名(例:Googleドキュメントやスプレッドシート、YouTubeなど)にも反映されるので注意が必要です。

またアカウント名は何度も変更可能ですが、短期間での複数回の変更には制限があります(90日間に3回まで)。

Googleアカウントの名前を変更する

パソコンからの場合

1.Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。


アイコンタップ

2.「Googleアカウントを管理」を選択します。

Googleアカウントを管理

3.「個人情報」をクリックします。

個人情報

4.「基本情報」に表示させたい名前を入力します。

基本情報

5.「保存」をクリックします。

保存

以上でアカウント名の変更が完了しました。

このアカウントにログインした状態でGoogle Meetを利用すると、上記で登録した名前が相手に表示されます。

スマートフォンからの場合

Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをタップします。

アイコンタップ

1.「Googleアカウントを管理」を選択します。

Googleアカウントを管理

2.「個人情報」をタップします。

個人情報

3.「基本情報」に表示させたい名前を入力します。

基本情報

4.「保存」をタップします。

保存

以上でアカウント名の変更が完了しました。

このアカウントにログインした状態でGoogle Meetを利用すると、上記で登録した名前が相手に表示されます。

Googleアカウントを新規作成する

通常利用しているGoogleアカウントとは別のアカウントを作成し、そちらをGoogle Meetで利用することで、表示名を変更することができます。

パソコンからの場合

1.Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。

アイコンタップ

2.「別のアカウントを追加」をクリックします。

別のアカウントを追加

3.「アカウントを作成」をクリックします。

アカウントを作成

4.表示させたい名前と、新しいGmailアドレス、パスワードを入力します。

アドレスパスワード入力

「次へ」で利用規約等を確認すると、アカウント作成が完了します。

スマートフォンからの場合

1.Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをタップします。

アイコンタップ7

2.「別のアカウントを追加」をタップします。

別のアカウントを追加

3.「アカウントを作成」をタップします。

アカウントを作成

4.表示させたい名前と、新しいGmailアドレス、パスワードを入力します。

アドレスパスワード入力

「次へ」で利用規約等を確認すると、アカウント作成が完了します。

別のGoogleアカウントの選択方法

上記で作成した新規アカウントの選択方法を、スマートフォン版でご説明します(パソコン版も手順は同様)。

1.Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。

アイコンタップ

2.使用したいアカウントをクリックします。

アカウント選択

以上で別アカウントの選択は完了です。

このアカウントにログインした状態でGoogle Meetを利用すると、上記で登録した名前が相手に表示されます。

Googleアカウントからログアウトする

Google meetでのWeb会議に招待された際、ユーザーがGoogleアカウントを持っていない場合には、会議への参加時に「名前の入力」が求められます。

このことを利用して、Google Meetでの表示名を変更することができます。この場合、Google Meetでの会議に際し、すべてのGoogleアカウントからログアウトした状態にしておく必要があります。

この方法は、Google Meet の開催者がGoogle Workspaceの有料版を利用し、パソコンから参加する場合のみ使えます。

以下、Googleからのログアウト方法をご説明します。

ログアウト方法

1.Googleのトップページにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。

アイコンタップ

2.「すべてのアカウントからログアウトする」をクリックします。

ログアウト

以上で、ログアウトが完了しました。

google meet の名前入力手順

上記の手順でログアウトしたあと、Google Meetに参加します。

1.Web会議への招待メールに記載されたURLをクリックします。

招待メール

2.入室画面に「名前を入力してください」と表示されるので、表示させたい名前や会社名・部署名などを任意で入力します。

名前入力

3.「参加をリクエスト」をクリックします。

参加をリクエスト

この後会議主催者が入室を許可すれば、上記で入力した名前でWeb会議に参加できます。

参加できない場合

上記の方法に従って主催者から送られてきたURLをクリックした後、次のような画面が表示された場合はGoogle Meetにアカウントなしで参加することはできません。

ログイン

これは、主催者がGoogle WorkSpace無料版を利用している場合に表示される画面で、会議参加者にGoogleアカウントへのログイン(ない場合は作成)が求められるケースです。

この場合は、画面表示に従ってログインもしくはアカウント作成を行う必要があります。

まとめ | Google Meetの表示名は変更できる

Google Meetでは会議ごとに表示名を変更させることはできませんが、Googleアカウントに登録した名前を変更することで表示名も変更することは可能です。

アカウント名の変更やアカウント作成は何度でも可能ですが、短期間の多数変更・作成には制限がかかる場合もあるので注意が必要です。

会議が始まる前に使用する際の名前変更について確認しておくとともに、Google Meetで参加する会議がどういった場なのかを考慮して、適切な名前で会議に臨むようにしましょう。

参考までにGoogle MeetではなくZoomであれば、アカウント作成なしですべての参加者が参加可能です。また会議中の名前変更も可能です。ミーティング開催者の方は、Zoomの導入も検討してみてください。

今さら聞けない!Zoomのプラン・機能・利用方法などを徹底解説

Zoomについては、「今さら聞けない!Zoomのプラン・機能・利用方法などを徹底解説」のページでも詳しく紹介しています。ぜひあわせてお読みください。

チェックで比較!正しいWeb会議ツールの選び方

Sum-MQL-WPDL-Web-Conference-Check-Sheet

テレワークが普及し、多くの場面でWeb会議を利用することが増えました。

Web会議システムは、ツールによって特徴や機能が異なります。

ツール選定のポイントをチェックポイントでまとめました。

【内容の一部をご紹介】

  • 無料ツールと有料ツールの違い
  • 導入にかかるコスト
  • 運用にかかるコスト
  • セキュリティ面でのチェックポイント

資料をダウンロードする

山本脩太郎
著者情報山本脩太郎

1994年生まれ。山口県出身。 株式会社ベーシックに新卒入社。 インサイドセールスを経て、マーケティングメディアferretの編集部でインタビュー記事を中心とした企画・執筆などを担当。 同時期に数社のコンテンツマーケティング支援・インタビュー取材を経験。 2020年3月に株式会社ブイキューブに入社し、テレワークナビ編集長を務める。