Web会議運用時、カスタマーサポートに多くお問い合わせいただく内容のひとつに、「マイクやスピーカーに関するトラブル」があります。音響機器の使い方を間違えると、せっかく導入したWeb会議が無用の長物” となってしまいます。では、どうトラブルを回避するのか? どのような機器を選べば良いのか? ブイキューブ内で、マイクスピーカーに詳しいと評判の営業「大穂 照久」に話を聞きました。

 

適切なマイクスピーカーを選ばないと…… 

前職で、遠隔会議用の音響機器を専門に扱っていた大穂が話をするということで、2016年4月に入社した、大穂の後輩「八幡 和憲」と、ベテラン社員「菊池 慎」が集まりました。

 

microphone-speakers1.jpg

大穂:「Web会議において一番大切なことは、映像もさることながら、『音』だと考えています。音が悪いと、会議に参加している方々の集中力が低下しますし、ストレスになってしまいます。せっかくWeb会議を導入しても活かし切れず、電話やメールでのコミュニケーションばかりに頼ってしまう、といった企業さまもおられます。問題の多くは、音響機器を正しく使っていないことが原因です」

中森(筆者)「具体的にどんな使い方をしているのですか?」
大穂:「たとえば、次のようなものが考えられます」

誤った使い方 起こりうる問題
同じ部屋で複数人が、各PCの内蔵マイクと、内蔵スピーカーを使って、会議を行う PCのスピーカーから出た音を、PCのマイクが拾ってしまう「音が回ってしまう」状態(ハウリング)や、自分の声が自分に聞こえるような「音が戻ってきてしまう」状態(エコー)が発生してしまう
少人数向けの小会議室に適したスピーカーを、大きな会議室で使用する 適切に音を拾うことができず、聞き手は音声が聞き取りにくくなります。聞き手側で音量を上げると、ノイズが大きくなるだけでなく、エコーの原因にもなってしまう

 

microphone-speakers3.jpg大穂:「こうした問題を回避するには、正しいマイクスピーカーを選ぶことが大切です」

八幡(新入社員):「マイクスピーカーってなんですか? マイクですか? スピーカーなのですか?」

 

大穂:「会議室を使って、複数名でWeb会議を行う場合に使う音声デバイスのことです。自室の音声を集音するための『マイク』と、相手拠点の音を拡大するための『スピーカー』が一体になっています。そして、ハウリングやエコーを回避する『エコーキャンセラー』機能、ノイズを低減する『ノイズキャンセラー』機能を搭載している機器を必ず選んでほしいです」

菊池(ベテラン社員):「この機能を備えていれば、音声トラブルは少なくなります」

どれを選べばいいのか?

microphone-speakers2.jpg

microphone-speakers4.jpg中森「マイクスピーカーにもいろいろ種類がありますよね。どんな機器を選べばよいのでしょうか?」

大穂「部屋の大きさで選ぶ、というのが鉄則です。小会議室には小会議室向けの、大会議室には大会議室向けの機器を選びます。あとは、参加者が何名くらいで、どういうレイアウトで実施されるかによって、追加のマイクが必要になることがあります。性能に関しては、メーカーや製品によってバラつきがありますので、信頼できるメーカーを選ばなくてはなりません」

 

八幡「ブイキューブでも機器を取り扱っていますよね? 信頼できる、ということですか?」

大穂「はい。マイクやスピーカーの性能はもちろん、エコーキャンセラー、ノイズキャンセラーの能力、使い勝手や価格面から考慮して、推奨機材を選んでいます。お客さまの利用シーンに合わせて、ベストな機材を提案できるようにしています」

 

菊池「ブイキューブ経由で機材を購入いただくと、延長保証もできるし、カスタマーサポートなどのアフターケアも付きますよ」

八幡「導入から運用まで、ずっとご支援差し上げる、ということですね」

中森「適切なマイクスピーカー選びはブイキューブにおまかせ、ということですね」

大穂菊池(二人揃って頷く)


microphone-speakers5.jpg

話を終えて、今回の内容について「ためになる度」を

「星いくつ?」で尋ねてみた。「4つ」と八幡

 

■オマケコラム

カメラについて

microphone-speakers6.jpg

カメラの選定ポイントについても菊池に聞きました。

「音響機器と同様、部屋の大きさ、参加人数、レイアウトによって選ぶことが大切です。PCとカメラをUSBで接続するタイプが主流で、3,000~15,000円のものが一般的です。

 

高価格なカメラは、リモコンでカメラの角度を操作できたり、ズーム機能が搭載されていたり、画像を鮮明に映し出す光学ズーム機能が付いているものもあります。ブイキューブでは、カメラにおいても、お客さまに一番適したものをご提案し、サポートいたします」

 


 

推奨機器関連ページはこちら

資料請求・無料体験はこちら