• オンライン商談・採用

テレワークの営業活動で販路拡大!導入すべきツールや事例を解説

テレワークの営業活動で販路拡大!導入すべきツールや事例を解説

新型コロナウイルス感染拡大防止や働き方改革の一環として、会社に出社するのではなく、自宅やサテライトオフィスなどから場所に捉われずに働く「テレワーク」が徐々に広がっています。

東京都が都内企業(従業員30人以上)10,000社を対象に行った「テレワーク導入実態調査(2020年6月)」では、令和元年度のテレワーク導入率が25.1%に対し、令和2年度の調査ではテレワーク導入率が57.8%まで上昇していることがわかりました。

blog_sales_telework_06

出典:テレワーク導入実態調査

こうした変化によって、今大きく見直されているのが「テレワークにおける営業活動」です。

直接顔を合わせない遠隔の営業活動を行うことで、企業生産性が向上する、販路が拡大するなどのメリットがあります。

そこで、本記事では以下の内容についてお伝えします。

  • 営業活動をテレワークで行うメリット
  • テレワークで営業活動を行うために必要なWeb会議システム
  • テレワークでの営業活動を導入する際の注意点

必要なツールを導入し、体制を整えればどの企業もすぐにテレワークでの営業活動を開始できます。ぜひ、最後までご一読ください。

「オンライン営業」専用のWeb会議サービス
「V-CUBE セールスプラス」の無償提供について

「オンライン営業」専用のWeb会議サービス「V-CUBE セールスプラス」を30日間無償提供しています。

下記フォームより、解決したい課題の「オンライン営業」にチェックをいれていただきお問い合わせください。

「V-CUBE セールスプラス」無償提供について

【おさらい】テレワークとは?

はじめに「テレワーク」の定義を明確にしておきましょう。テレワークとは、英語の「tele=離れた」「work=働く」を合わせた造語で、場所や時間に捉われない柔軟な働き方を指します。

 

テレワークは、主に以下の3つの働き方があります。

  • 自宅で働く「在宅勤務」
  • 移動先やカフェなど、自社以外の場所で働く「モバイルワーク」
  • 本社や支店から離れた場所に設けられたオフィスで働く「サテライトオフィス勤務」

テレワークについては、関連記事「テレワークとはどんな働き方?メリットや注意点、導入方法をゼロから解説」にて、詳しく解説しています。ぜひ、合わせてご覧ください。

営業活動をテレワークで行う3つのメリット

ここからは、営業活動をあえてテレワークで行う3つのメリットについて紹介します。

1.生産性の向上

1つ目のメリットは、生産性の向上です。オンラインでの営業は自宅やサテライトオフィスなどからWeb会議システムを活用するため、基本的に移動時間が発生しません。そのため、1日に対応できる営業件数が対面での営業活動より増加します

また、対面営業では時間と場所の制約から訪問できていなかった、遠隔地の企業や海外の企業にもオンライン上ならいつでも営業活動ができるようになります。

営業件数とアプローチできる企業数が増えるため、生産性が向上すると言えます。

2.経費削減につながる

次に、テレワークでの営業活動は企業に直接訪問しなくていため、交通費や営業車のリース料を最小限におさえることができます。

テレワークでの営業活動をはじめるにあたり、Web会議システムや必要に応じてマイクやカメラの導入が必要になることは事実です。しかし、業務に移動が伴う従業員全員分の交通費や営業車のリース代などを定期的に決済し続けるより、長期的に見るとテレワークでの営業活動を行った方が経費を削減できます。

3.迅速に資料共有ができる

Web会議システムでは、画面上に製品やサービスの資料を映す画面共有機能や資料共有機能が搭載されている場合が多いです。そのため、営業活動をはじめてすぐに顧客と資料の共有ができます。

電話やメールで問い合わせがきた後に郵送で資料を送るよりすばやく対応できるので、顧客の興味があるうちに、説明ができるのはテレワークでの営業活動のメリットでしょう。また、オンライン上でも資料を提示しながら説明できるので、認識の齟齬が生じにくいです

テレワークで営業活動を行うために必須のWeb会議システム

テレワークで営業活動を行うためには、Web会議システムの導入は必須です。ここでは、おすすめのWeb会議システムを紹介します。

ここでは、機能が充実している有料のWeb会議システム3つ無料で気軽に導入しやすい無料のWeb会議システムを2つご紹介します。

ぜひ、自社にあったツールを探してみてください。

1. V-CUBEセールスプラス(有料)

blog_online_mtg_demerit_06

出典:V-CUBEセールスプラス

費用

初期費用:45,000円(税別)

月額(1ID):7,000円(税別) ※5IDより販売

主な機能

・画面共有機能

・資料共有機能

・ファイル転送機能

・チャット機能

・商談メモ

 

V-CUBEセールスプラスは、株式会社ブイキューブが提供するオンライン営業専用のWeb会議システムです。電話だけでは伝えられない部分を映像と資料ですぐ共有することができます。

オンライン営業画面のデザインもとてもシンプルなので、はじめてV-CUBEセールスプラスを使うお客様も直感的にストレスなく利用してもらいやすいのも特徴です。

出典:V-CUBEセールスプラス

ツールの使い方は簡単で、専用ソフトのダウンロードはいらず、以下2ステップで商談を開始することができます。

  1. お客様にオンライン営業を行う専用URLを共有する
  2. お客様専用画面のリンクを共有してパスワードを入力してもらう

また、下記の各種ブラウザに対応しているので、お客様が使用しているブラウザからそのまま商談に参加いただけます。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer11
  • Safari

当サービスは、1ID 7,000円(税別)のため、他のオンライン会議システムと比較しても低価格で導入しやすいのもメリットです。2020年12月31日まで、5IDまで無償提供を実施しています。ぜひこの機会にお試しください。

▼詳細を見る
V-CUBEセールスプラス

2. Zoom ミーティング(有料)

blog_zoom_sales_10

出典:Zoom ミーティング

費用

初期費用:なし

プロプラン:1,600円(税別) 

ビジネスプラン:2,000円(税別)

エンタープライズプラン:別途お見積

機能

・画面共有機能

・ウェビナー機能

・録画機能

・SlackやGoogleカレンダーなど外部サービスの連携

Zoomは、全世界75万以上の企業などで利用されているWeb会議サービスです。

無料版も提供しているので、お試し期間として無料版を利用した後に、有料版を導入することが可能です。Zoomミーティングは、1回あたりのデータ通信量が少ないため、通信が安定しており音声や画像が途切れることがほとんどありません。

また、ブイキューブが提供するZoomの有料版(Zoom ミーティング)では、オンライン営業の音声と映像を録画してクラウド上に保存することが可能です。そして、プラン問わずメールでのサポート体制が整っているので、Web会議システムの導入がはじめてでも安心して利用できます

▼詳細を見る
Zoom ミーティング

 

Web会議ツールZoomの有料版を使うべきメリットについては、「Zoom有料版を導入する4つのメリットとは?各プランの特徴やオプション機能も解説」のページでも詳しく紹介しています。ぜひ、合わせてご一読ください。

3. bellFace(有料)

※bellFace

出典:bellFace

費用

初期費用・月額料金共に別途お見積り

機能

・画面共有機能

・録画機能

・デジタル名刺機能

・ビューティーモード機能

・トークスクリプト機能

bellFaceは、オンライン営業の成果をあげるための機能が多数搭載されているのが特徴です。

例えば、商談前にメールで名刺を送ることで、事前に名前と肩書をしっかり認知していただいたうえで商談に望むことができます。また、「ビューティーモード機能」を活用すれば画面に映る明るさを調整できるので、少し暗い場所からでも明るい印象を与えられます。

そして、商談のサポートをしてくれるデジタルカンペ「トークスクリプト機能」を活用すれば、まだ営業活動に不慣れな新入社員も安心して商談に望めます。

▼詳細を見る
bellFace

4. Google Meet(無料)

出典:Google Meet

Google Meetは、Googleが提供するオンライン商談・会議ツールです。

無料プランでも、最大100人までの商談が可能で、画面共有機能も活用できます。また、専用アプリのダウンロードなどは不要で、すべてがブラウザで完結するのが特徴です。

ただし、自分が画面を共有している時や、Web会議以外のタブを開いている時は、他の参加者や自分の動画(表情)を確認することができません。重要な商談や役員会など、オフライン同様に顔を合わせたコミュニケーションが望ましい場合は、有料版のツールの利用をおすすめします。

自社も取引先の企業にとっても手軽に利用しやすいのは、大きなメリットと言えるでしょう。

Google Meetについては、関連記事「Google Meetの特徴を徹底比較!気になる特徴や使い方を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ、合わせてご覧ください。

▼詳細を見る
GoogleMeet

5. Skype(無料)

 

出典:Skype

Skypeは、無料で利用できる定番のオンライン商談・会議ツールです。グループ通話では、最大25人まで参加でき、画面共有機能やチャット機能など、オンラインでの営業活動に必要な基本的な機能がしっかりと搭載されています。

定番ツールであるため、オンラインでの商談に不慣れな企業も、抵抗なく安心して利用しやすいのもメリットでしょう。

Skypeについて、関連記事「SkypeはWeb会議に導入すべき?新機能Meet Nowや注意点について解説」にて、詳しく解説しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

▼詳細を見る
Skype

テレワークで営業活動を導入する際の注意点

以上、有料・無料のおすすめ営業ツールを紹介しました。ここからは、テレワークで営業活動を導入する際に知っておきたい注意点を3つ紹介します。

万全の体制で営業活動を行い、テレワークでの営業活動を自社に定着させるため、ひとつずつ確認していきましょう。

1.セキュリティ対策をしておく

まず、はじめに情報漏洩やウイルス感染を未然に防ぐために、セキュリティ対策を整えておくことは必須です。

セキュリティ対策の一例は、次の通りです。

  • ウイルス対策ソフトの導入
  • PCや紙の資料取扱に関するルールの策定
  • 安全な回線の使用

 

テレワークでの営業活動は、ネット回線からの情報流出や紙の資料やUSBの紛失など物理的な情報漏洩など、さまざまな危険があります。しっかりと対策を行い、自社と顧客双方が安心して商談ができるようにしましょう。

関連記事「テレワークにはセキュリティ対策が必須!とるべき7つの施策とツールを解説」にて、セキュリティ対策について詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

2. クリアな音声や画像を伝える

画面越しでの会話になるテレワークでの営業活動では、音声と画像の質が重要になります。時間を割いて商談の時間を設けていただいたのにも関わらず、音声が聞こえにくかったり、画像の質が悪かったりすると、伝えたい内容をしっかりと伝えるのは困難です。

パソコンに付属のマイクやカメラを使用しても良いですが、よりクリアな音声と画像を届けるに、Webカメラとヘッドセットの導入をおすすめします。

3.従業員がサボるおそれがある

テレワークでの営業活動の場合、出勤時間から退勤時間まで1人で業務にあたるケースが多く、上司の目が届かなくなるため、従業員がサボるのでは?と不安になる方もいるのではないでしょうか。

従業員のサボりを防止するためには、以下のような対策を設けるのがおすすめです。

  • 営業活動報告書の提出を義務付ける
  • 商談時間以外は空間共有を行う
  • 成果で判断する「定量評価」を導入する

報告の義務を設けたり、営業活動の成果に応じた評価制度を導入したりすることで、社員の士気を保ちながら、サボりを防止しやすくなります。

関連記事「在宅勤務の社員のさぼりを防ぐ!企業がとるべき対策と事例を徹底解析」にて、従業員のサボりの対策について紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。 

V-CUBEセールスプラス導入事例

最後に、テレワークで営業活動を行うためのツール「V-CUBEセールスプラス」を導入した企業の事例を紹介します。

株式会社東地開発様|少人数でも効率よく全国に営業展開

blog_sales_telework_10

出典:株式会社東地開発

株式会社東地開発では、VR映像の撮影・映像・販売を行う事業を展開しています。社内ベンチャー事業として行っている人数に限りがあるなど、営業活動を行うにあたり以下の課題を抱えていました。

【V-CUBEセールスプラス導入前の課題】

  • 人員に限りがあるため全国各地への営業活動が難しい
  • 出張中の際に急なお問い合わせに対応しきれない

株式会社東地開発では、いつでも手軽に営業活動を行えるV-CUBEセールスプラスを導入し、抱えていた課題を次のように解決しました。

【V-CUBEセールスプラス導入後】

  • いつでもどこでも営業できるので営業スタッフ2名でも全国の見込客をカバー
  • 初動の商談から導入後のサポートをV-CUBEセールスプラスで対応できるように
  • 出張中でもお問い合わせに対応できるようになった

V-CUBEセールスプラスを導入したことで、営業スタッフが2名と少人数でも全国各地からお問い合わせに対応できるようになりました。また、撮影の出張中でも対応できるようになり、見込客の興味・関心が高いうちにスムーズに対応できるようになったことは大きなメリットです。

まとめ|テレワークで営業活動を始めよう

 

テレワークでの営業活動は、従来の営業活動より手軽に全国・海外のお客様と商談ができること、またこれまでよりスピーディーに商談につなげやすいため、営業活動の生産性向上が見込めます。

今回紹介したV-CUBEセールスプラスやZoomミーティングなど、自社にあったWeb会議システムを活用すれば、いつでもどこからでも営業活動を行うことが可能です。

情報漏洩を未然に防ぐためのセキュリティ対策導入などを行ったうえで、新たな営業活動の形態として、ぜひテレワークでの営業活動を取り入れてみてください。

企業の課題解決に、まずはテレワーク導入の一手を

企業の課題解決に「やることはたくさんあるけど何から手をつければ良いかが分からない・・・」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことですが、テレワークの導入で、

  •  災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  •  通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  •  介護や育児の選択肢も増えるので、社員を持続的に雇用でき、優秀な働き手の採用・確保が可能になる
  •  プライベートが充実し、労働力意欲の向上、仕事への満足度が上がる

といったメリットがあります。

本当に自社でテレワークを導入すべきかどうかを判断するためにも、 「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」を読んでみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

無料の資料ダウンロードはこちら

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。