• Web会議

おすすめのWeb会議用マイクスピーカー8選|製品選びのポイントとは?

おすすめのWeb会議用マイクスピーカー8選|製品選びのポイントとは?

Web会議とは、インターネットを通じて遠隔にいる人と、映像や音声でコミュニケーションをとる会議方法です。

回線工事などは必要なく、インターネット環境さえあれば、誰でも簡単にWeb会議を行うことができます。

しかし、Web会議をパソコンやスマートフォンといった端末のみで行う場合、内蔵されているマイクやスピーカーのスペックにより「会話の聞き取りやすさ」が大きく異なります。

お互いのコミュニケーションが円滑に行われなければ、良質な会議を行うことができません。そんWeb会議に欠かせないアイテムが音声をクリアに相手に届けることができる「マイクスピーカー」と呼ばれる機器です。

本記事ではマイクスピーカーの必要性や選定ポイント、そしてWeb会議におすすめのマイクスピーカーを解説していきます。

大人数のWeb会議ではマイクスピーカーの導入がおすすめ

blog_web_conference_microphone_08

マイクスピーカーとは、「マイク」と」「スピーカー」の両方の機能をあわせ持つ機器です。別名スピーカーフォンとも呼ばれ、大人数の会議でも音声をしっかりと拾って、会議の相手へと届けることができます

Web会議では、通常の会議と同様のレベルで会話のやりとりができなくてはなりません。音声が乱れてしまうと、円滑な会議の妨げになってしまいます。

パソコンに内蔵されているマイクの多くは、集音性能が低く、話者が遠くにいると、声をしっかりと拾うことができません。また内臓マイクの指向性が狭いので、パソコンの正面から発言する必要があります。そのため大人数の会議に、パソコンの内蔵マイクは適していないと言えるでしょう。

加えて、内蔵マイクは音声にラグが発生したり、ノイズが含まれる可能性があります。マイクスピーカーではこのような雑音を取り除き消去し、音声のみをクリアに届ける機能が備わっています。クライアントや社内の会議では、スムーズな会議進行が必要になります。マイクスピーカーを使用して、より対面に近い会議を実現しましょう。

Web会議用マイクスピーカーを選ぶ前に知っておきたいこと

マイクスピーカーは、自社でどのようなシチュエーションで会議をするのかによって、選ぶべき製品が異なってきます。普段の会議の参加人数や予算をあらかじめ把握しておきましょう。

Web会議の参加人数

どれくらいの人数でWeb会議を行うのか確認しましょう。仮に大人数でWeb会議を行う場合は、マイクスピーカーからの距離が離れてしまう参加者が出てきてしまうので、集音範囲の広いマイクスピーカーを選ぶ必要があります。

一方で、一人でWeb会議を行うことが多い場合、必ずしもマイクスピーカーを必要としません。頭にかけて使用するヘッドセットの購入を考えてもいいかもしれません。

予算がどのくらいか

Web会議用マイクスピーカーの価格は、およそ20,000〜120,000円台となっています。当然値段によってスペックは異なりますが、大きな違いは集音範囲です。

大人数でWeb会議を行う場合は、集音範囲が広くなくてはなりません。また、集音範囲があまり広いものでなくとも、マイクスピーカー同士を連結可能なものであれば集音範囲を広げることができます。しかし、同じ製品を2台、3台と購入する必要があるため必然的に予算がかかります。

Web会議用マイクスピーカーを選ぶ4つのチェックポイント

Web会議にマイクスピーカーを導入することが決まり、購入する際にはチェックすべきポイントがいくつかあります。Web会議の参加人数や利用シーンにより、使用すべきマイクスピーカーは異なります。

本章ではマイクスピーカーを選ぶ際に、特に重視してほしいチェックポイントを4つ紹介します。

1.ノイズ・エコーキャンセル機能があるか

まず始めに確認したいのが、「ノイズキャンセル機能」の有無です。

会議中には、エアコンの空調音や換気扇の音、紙の資料をめくる音など様々なノイズが発生します。普段対面での会議ではあまり気にならなくても、Web会議の音声を通すとかなり不快に感じることがあります。このノイズを遮断できるのが、ノイズキャンセル機能です。特定の周波数をノイズとして遮断できるので、相手の声をクリアに聞き取ることができます。

同様に確認しておきたいのが、「エコーキャンセル機能」です。エコーとは、スピーカーから出力された音が、壁などに反射して再びマイクで集音されてしまう現象です。

自分が話した音声が、スピーカーから聞こえてくるので、不快感を抱くと共に遠隔な会議進行の妨げになります。スムーズに会議を進行するためにも、ノイズキャンセル・エコーキャンセルがしっかりと搭載されているかを確認してから、マイクスピーカーを購入するようにしましょう。

2.集音範囲はどのくらいか(対応人数は何人なのか)

続いて確認したいのが、マイクスピーカーの「集音範囲」です。

大人数で会議をする時は、どうしても会議の参加者がマイクスピーカーからの距離が離れてしまうケースがあります。集音範囲が広いと、マイクスピーカーから話者が離れていても、しっかりと声を集音できます。

集音範囲は、各マイクスピーカーのスペックに「対応人数」として表記されています。何人で会議を行うことが多いかを想像して、最適な製品を選びましょう。また、マイクスピーカーによっては、製品を連結させることで集音範囲を広げることが可能なモデルもあります。そちらも併せて、検討してみると良いでしょう。

なお、マイクスピーカーには「指向性」というものが存在します。指向性とは、マイクが音を拾う角度を指します。仮に360°の指向性を持つモデルであれば、全方位からの集音が可能なため、設置場所に悩む必要がありません。

3.Bluetooth接続かUSB接続か

デバイスとの接続方法として、「Bluetooth(無線)」か「USB(有線)」かを確認しましょう。それぞれにメリットやデメリットがあり、会議を円滑に行うために特徴を把握しておきましょう。

Bluetooth接続のメリット・デメリット

Bluetooth接続の最大のメリットは、無線での接続であるため、デバイスとマイクスピーカーを離して使用できるという点です。

参加人数の多い会議でも、マイクスピーカーを中央に配置することで、全員の声をしっかりと集音できます。

また、USB接続と比べて、コンパクトに収納できることや持ち運びが容易になるといったメリットがあります。ケーブルがないので見た目がスッキリとした印象になるのも魅力です。

一方のデメリットは、ラグが発生してしまう可能性があることです。Web会議はカメラでお互いを映し出し、表情を確認しながら会話します。しかしラグが発生してしまうと、映像よりも遅れて音声が聞こえてきてしまい違和感を感じます。

USB接続のメリット・デメリット

USB接続は、デバイスとマイクスピーカーを有線で接続する方法です。Bluetooth接続よりもデバイスとの接続が容易で、ラグが発生しにくいのが特徴です。デバイスと接続中に給電できるタイプの製品が多いので、充電を気にせずに長時間使用することもできます。

デメリットは、ケーブルがあるので、デバイスから離して使用できないことです。集音性能が高くない製品だと、マイクスピーカーに近づいて発言するなど気を使う必要があるでしょう。

4.バッテリーが内蔵されているか

バッテリーが内蔵されているか、またその連続駆動時間はどのくらいかという点もマイクスピーカーを選ぶ時の重要なポイントです。バッテリーが内蔵されていないものは電源を供給しながら使用しなければならないため、使用場所が限られてしまいます

バッテリーが内蔵されているものであれば、その「連続駆動時間」を調べましょう。連続駆動時間とは、バッテリーがフル充電されている状態から連続で何時間動き続けることができるかという時間のことです。連続駆動時間がながければ長時間の会議でもマイクスピーカーを使用することができるため、安心して会議に取り組むことができます。

おすすめのWeb会議用マイクスピーカー8選

マイクスピーカーは、いろいろなメーカーが数多くの商品を開発しており、それぞれ特徴があります。自社が求める機能やスペックを満たす製品を選びましょう。

本章では、ノイズキャンセル機能や複数のインターフェースを備えた、Web会議におすすめのマイクスピーカーを8つ紹介します。

V-CUBE 汎用型マイクスピーカー

1-1

こちらの製品は国内のWeb会議市場国内トップのV-CUBEが提供するマイクスピーカーです。リモートワークのツールに特化したV-CUBEの提供するデバイスは、使いやすさやコストパフォーマンスが魅力です。

軽量で最大12時間通話可能のバッテリーが内臓されており、USB・Bluetooth接続が可能なことから、個人の持ち運びにも便利なマイクスピーカーです。

モデル

Web会議 汎用型マイクスピーカー

特長

・USB/Bluetooth Ver.4.0

・2mの集音範囲

・バッテリー内蔵 ※12時間の最大通話時間

・自動集音レベル調整、自動ノイズ/エコー除去クロストーク対応

・320gの軽量

・最大12時間通話可能のバッテリー内臓

対応OS

Windows, Mac OS

iOS, Android

販売価格

28,000円(税抜)

 

  •  

詳細はこちら

 

SENNHEISER製 SP 220 UC

blog_web_conference_microphone_01

出典:JADE

SP 220 UCは各種PCおよびiPhoneやiPadなどもモバイルコミュニケションに対応したマイクスピーカーで、2台を連結することで最大12人まで対応可能となっています。2台連結時に音楽を再生すると自動的にミュージックモードに切り替わり、それぞれがステレオの役割を果たすステレオサウンド再生にも対応しています。

エコーキャンセル機能があり、360°全方位をカバーするマイクロフォンが主な特徴です。

主な特徴

  • 最大 12 人まで対応(2 台連結時。1 台の場合は 4〜5名程度)
  • エコーキャンセル機能
  • 360° 全方位をカバーするマイクロフォン
  • マイクミュート機能(マイクのON/OFF)
  • バッテリ内蔵(1 時間以上待機状態が続くと自動的にバッテリの消費を最小限に抑えるバッテリーセーブモード搭載)
  • 3者通話が可能(1台で USB および 3.5mm 4極コネクタを同時に接続した場合のみ)
  • 製品を簡単に最新の状態に更新するための Sennheiser Updater ソフトウェア対応

メーカー販売価格
56,000円(税抜)

メーカーサイトはこちら

YAMAHA製 YVC-200

blog_web_conference_microphone_02


出典:ヤマハ音環境製品

1台で1~4名程度の打ち合わせに最適な仕様となっています。スーパーワイドバンド対応により、音切れのない双方向通話が可能な「適応型エコーキャンセラー」機能を持ち、臨場感ある遠隔コミュニケーションを可能とします。

USBとBluetoothの2つのインターフェースが搭載してあり、デバイスによって接続方法を変えることができます。さらに内蔵バッテリーも搭載されており、最大10時間の連続通話が可能です。

主な特徴

  • 適応型エコーキャンセラー搭載
  • 話者の音声を高い明瞭度に整えるノイズリダクション
  • 小さな音を聞きやすいレベルに揃えるオートゲインコントロール
  • 360°全方位から音声を集音するマイクロフォン
  • USBとBluetooth®の2つのインターフェースを搭載
  • 最大10時間の連続通話が可能な充電式バッテリー
  • 対応人数1~4人

メーカー販売価格
30,000円(税抜)

メーカーサイトはこちら

YAMAHA製 YVC-300

blog_web_conference_microphone_03

出典:ヤマハ音環境製品

4~6名程度の小規模会議に最適な仕様です。USB接続ながら大音量を実現し、6名程度の会議で、しっかりとメッセージを伝えることができます。

さらにUSB接続だけでなく、Bluetooth、オーディオ入出力端子と3つのインターフェースを搭載てあるため、フレキシブルな接続が可能です。

主な特徴

  • 適応型エコーキャンセラー搭載
  • 話者の音声を高い明瞭度に整えるノイズリダクション
  • 小さな音を聞きやすいレベルに揃えるオートゲインコントロール
  • 音が響きやすい空間でもクリアに伝える残響抑圧
  • 話者を自動で追尾するマイク自動追尾
  • USB、Bluetooth、オーディオ入出力端子でスムーズに接続。3つのインターフェースを搭載
  • オプションの連結ケーブルで連結が可能
  • 対応人数4~6人

メーカー販売価格
50,000円(税抜)

メーカーサイトはこちら

YAMAHA製 YVC-1000

blog_web_conference_microphone_04

出典:ヤマハ音環境製品

こちらの製品の特徴は8~40人規模での中大会議に最適である点です。YVC-1000は、マイクとスピーカーを独立させた分離型を採用しています。低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで、映像と音声の一体感が生まれます。

さらに、双方向会話をサポートする適応型エコーキャンセラが搭載されており、自然で快適な遠隔コミュニケーションを実現します。

主な特徴

  • 適応型エコーキャンセラー搭載
  • USB、Bluetooth、オーディオ入出力端子の3つのインターフェースを搭載
  • オプションの拡張マイクを合計5台まで連結可能
  • 対応人数8~40人

メーカー販売価格
120,000円(税抜)

メーカーサイトはこちら

PLANTRONICS製 Calisto P7200

blog_web_conference_microphone_05

出典:プラントロニクス社

 

USBによる有線、Bluetoothによるワイヤレスの両方の接続に対応しており、1つのマイクスピーカーを手軽に切り替えて利用可能です。

Calisto P7200は、4つの指向性マイクロフォンを搭載しており、360°全方位、最大約3mの範囲で集音が可能です。

主な特徴

  • USB による有線、 Bluetooth によるワイヤレスの両方の接続に対応
  • 4つのマイクロフォンとDSP(デジタル信号処理技術)を搭載
  • 360° 全方位、最大約3mの範囲で集音
  • 最大約10mの範囲内でワイヤレス通話が可能
  • ペアリングできるBlutoothの接続先を1つ追加登録可能
  • 連続通話時間約6.5時間

メーカー販売価格
オープン価格

メーカーサイトはこちら

Jabra製 SPEAK 510

blog_web_conference_microphone_06

出典:Jabra

Jabra Speak 510は、ミッドレンジポータブルUSBおよびBluetooth対応マイクスピーカーとなっています。DSPテクノロジーが搭載されているため、クリアな会話で会議を効率に行うことができます。

主な特徴

  • 内蔵無指向性マイク(360°サウンドを拾う)
  • 15時間の充電式バッテリー
  • DSP(デジタル信号処理技術)テクノロジーを搭載
  • USBとBluetoothでのデバイスとの接続が可能
  • Bluetooth接続は最大30メートルの動作範囲
  • 対応人数1~4人

メーカー販売価格
20,000(税抜)

メーカーサイトはこちら

PLANTRONICS製 Calisto P620

blog_web_conference_microphone_09

出典:プラントロニクス

 

Calisto 620ワイヤレススピーカーフォンでは、わかりやすいインターフェースによって簡単に通話管理を実行でき、Bluetooth®ミニUSBアダプターによって、いつでもすぐにPCと接続できます。

また、360°全二重方式の音声と、話者の音声の方向にのみ有効となる双方向性マイクを備えているので、話者の声のみが聞こえます。 DSP(デジタル信号処理)により、音響エコーキャンセルによりドロップアウトとエコーを低減することができます。

主な特徴

  • BluetoothミニUSBアダプター
  • ノイズ、エコーキャンセル機能
  • 話者の音声のみの方向にのみ有効な自動切換指向性マイク搭載
  • 連続通話時間は最大約7時間
  • 対応人数1~4人

メーカー販売価格
20,000(税抜)

メーカーサイトはこちら

まとめ|マイクスピーカーにより円滑なWeb会議を実現させる

Web会議には使用するデバイスに内蔵されたマイクやスピーカーではなく、Web会議用のマイクスピーカーが必要だということが理解いただけたと思います。

良質な会議を実現させるためには、円滑なコミュニケーションがなされなければなりません。マイクスピーカーにはノイズやエコーを防いでクリアな音声を届けることができる他、連結させることによって集音範囲を広げることも可能です。

ぜひWeb会議を行う際は、マイクスピーカーの利用を検討してみてください。

 

また、リモートワークをさらに快適にするために、カメラも便利です。カメラをご検討の際には以下の記事を参考にしてください。

Web会議におすすめのカメラ6選!抑えておきたい3つのポイントと選び方を解説

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。

企業の課題解決に、まずはテレワーク導入の一手を

企業の課題解決に「やることはたくさんあるけど何から手をつければ良いかが分からない・・・」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことですが、テレワークの導入で、

  •  災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  •  通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  •  介護や育児の選択肢も増えるので、社員を持続的に雇用でき、優秀な働き手の採用・確保が可能になる
  •  プライベートが充実し、労働力意欲の向上、仕事への満足度が上がる

といったメリットがあります。

本当に自社でテレワークを導入すべきかどうかを判断するためにも、 「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」を読んでみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

無料の資料ダウンロードはこちら