• エンゲージメント向上

ABWとは?フリーアドレスより自由な働き方を解説

ABWとは?フリーアドレスより自由な働き方を解説

働き方改革や売り手市場の採用状況を受けて、働きやすい環境や制度をつくることにも注目が集まるようになってきた昨今。フリーアドレスなどは随分前から取り入れている企業も多いですが、最近ではABWを取り入れる企業も増えてきました。

そこで「そもそもABWについてよく知らない」「フリーアドレスとの違いがわからない」という人のために、ABWとフリーアドレスの違い、ABWのメリット・デメリットについてまとめてご紹介します。

自社にとってよりよい働き方を見つけていくためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

ABWとは

ABWとは、Activity Based Working(アクティビティ・ベースド・ワーキング)の頭文字をとった言葉で、自分の仕事を効率良く進められる場所を選んで決められるワークスタイルのこと。ABWは1990年代にオランダの企業、「Veldhoen + Company」が世に広めた概念として知られています。

ABWの10の考え方

(画像引用元:business network.jp

効率良く仕事できる場所を自由に選べるということは、オフィス以外の場所も選択肢になりうるということ。オフィス外でいうと、自宅・カフェ・コワーキングスペースなどが働く場所として考えられるでしょう。

ABWの取り組みの中でも、企業や目的によって取り組み方が大きく異なる場合もあります。例えば、オフィス内で多くのスペースを占めていた執務スペースがABWによって不要になるため、移転して全体のオフィス面積を削減することが可能です。

また、集中用の個人ブースやアイデアが出やすいカジュアルなスペース、休憩できるリラックススペース、リフレッシュするためのリチャージスペースを設けて、仕事の内容によって適切な場所を選び、効率アップを促進するタイプもあります。

このようにオフィスにさまざまな用途を持ったスペースを作って、オフィス活用にも積極的に取り組む企業、またはテレワークに近いような考えでオフィススペースを大きく削減する企業など、企業によってその形式はさまざまです。

ABWを導入する目的

ABWを導入する目的としては、仕事に対する意欲(ワークエンゲージメント)を高める・生産性を高めるという2つの目的があります。こういった目的を企業が持つようになった背景としては、求職者が企業を見るポイントの変化が影響していると考えられます。

一昔前の就職・転職活動では終身雇用制度があったため、働く=就社(会社に就く)という意識が強く、仕事内容よりも「どの会社に入れるか」という軸で勤務先を選ぶことが多い傾向にありました。しかし、最近では特定の会社に入ったからといって、終身雇用が約束されているわけでもありません。

就職・転職の際にも「どの会社に勤めたのか」ではなく、「どんなスキルや経験を積んできたのか」を重視する時代になったのです。そのため、就社ではなく就職(職に就く)という考えを持つ人が増え、それとともに仕事を選ぶ基準も、「この会社に入った場合、何が得られるのか」という軸で見る人が多くなってきています。

このような時代変化からもわかるように、生産性高く働き、経験が積める環境を整えてくれる企業に人々の関心が集まりやすくなっているといえるでしょう。そのため、企業としては従業員が働きやすいと感じる環境づくりの一環として、ABWに関心を持つようになってきたと考えられます。

フリーアドレスとの違い

では、似たようなワークスタイルを持つフリーアドレスとは、どんなポイントが異なるのでしょうか。フリーアドレスは自分の席を定めず、オフィス内であればどこで働いてもOKというワークスタイルのこと。

フリーアドレスの目的は、オフィスコストの削減やコミュニケーションの活性化などが挙げられています。ABWとの大きな違いは、働く場所を「オフィス内」に限定しているかどうかです。フリーアドレスはオフィス内に限定しているため、出社の義務があるという点がABWとの大きな違いといえるでしょう。

フリーアドレスの従業員側のメリットとしては、オフィス内にいるためインフラが整っている・インフラ費を自分で払う必要がない・好きな席で働けるという点。企業側のメリットとしては、従来の管理・評価制度を大きく変える必要がなく実施できる、席を固定化しないことによってコミュニケーションが活性化する、オフィスコストが削減できるなどの点が挙げられます。

フリーアドレスの実施にもたくさんのメリットがありますが、フリーアドレスよりもABWの方が、より生産性の向上や働きやすさに着目したものであることがわかるでしょう。

ABW導入のメリット

では次に、ABW導入のメリット4つをご紹介します。

1:不動産など固定費用の削減

ABW導入のメリットとして1番に挙げられるのは、不動産など固定でかかる費用の削減が可能になるということ。従来の勤務形態で全員が必ず出社していた場合、全員がオフィスで働けるだけのスペースを確保しなければなりません。しかし、ABWを導入すれば、全員が出社するという状況はほとんどなくなるため、面積を8割減にしたオフィスに移転するなど、固定費の削減が可能です。

また、固定席でなくなるため、デスクトップを辞めてすべてノートPCのみ、無線Wi-Fiのみにする、固定電話をスマホで受けられるようにすることで、固定の電話・インターネット回線や、デスクトップ契約が不要になるという点も大きな固定費削減となるでしょう。

2:個人に応じた効率的な仕事環境の実現

ABW導入2つ目のメリットは、個人に応じた効率的な仕事環境の実現が叶うこと。自宅でひとり静かに働きたい、カフェのようなざわついたところの方が集中できる、オフィスのリラックススペースが1番というように、個人ごとに集中できる環境は異なります。

ミーティングやWeb会議を行うときも、自宅が1番落ち着けてアイデアも出るという人や、オフィスの個人ブースで行う方がいいという人、2人ブースなどで働くのが性に合っているという意見もあるはずです。自宅や周辺環境、オフィスからの距離によっても適した場所は異なるため、個人が働く場所を選べるABWは生産性のアップに欠かせない考え方だといえるでしょう。

3:ワークライフバランスのとりやすさ

3つ目のメリットは、ワークライフバランスがとりやすい点です。仕事環境が選べるというのは、生産性が上がるだけでなく生活のしやすさにも直結します。例えば介護や育児などで自宅や自宅周辺でないと勤務時間を確保できない、あるいは持病があるなどで出社して勤務する、従来の働き方が難しい人でも働けるというメリットがあります。

また、そういった障害がなくても、自宅近くのカフェで働くことで通勤時間の短縮ができ、効率的に働ければワークライフバランスがとりやすくなるというメリットもあります。生活と仕事は切っても切り離せないものですから、ワークライフバランスがとりやすい働き方ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

4:採用力のアップ

現在多くの企業が採用したいと考えている若手世代は、ワークライフバランスを重視して職場を選ぶ傾向にあります。また、現在売り手市場であるため、求人は選べる状態。この状況で採用力を上げるには、ワークライフバランスが取れること、育児・介護などの問題も抱えた人や短時間勤務を希望している高齢者なども含めて、多様な人を包括できる企業体制が整っていないと、魅力に感じてもらえません。

ABWのような取り組みをいち早く始めている企業ということで注目を集められれば、企業イメージも上がるだけでなく、取り組み内容を採用SNSやホームページなどで発信できるため、採用力が上がる可能性も高いといえるでしょう。

ABW導入のデメリット

では次にABW導入のデメリットについてご紹介します。

1:労働管理や評価制度の見直し

デメリットの1つ目は、労働管理や評価制度の見直しが必要になる点です。これまでは勤務時間で評価・管理を行っていたため、時間ではなく成果で測るような評価制度に変える必要が出てきます。

今までは出社して目の前で働いてくれていた人が見えないところで働いているとなると、従来の方法で管理するのは難しいですし、コミュニケーションのとり方も変わってくる可能性が高いでしょう。そのため、時間管理の枠組みは外して成果で測るようにするのが1番です。

しかし、自社の業務をすべて成果で評価できるのか、その場合の弊害も考える必要があるでしょう。また、労働時間についても規制を加えず、フレキシブルにという方針なのか。それとも、ある程度の枠組みを設けて業務を行うルールにするのかなど、何を重視して評価するか基準を再設定する必要もあります。

2:コミュニケーションの再設計

2つ目のデメリットは、コミュニケーションの再設計が必要なこと。目の前にいてすぐ声掛けができた環境から、遠く離れた場所での勤務になることもあるため、これまでは当たり前にできていた雑談や、ちょっとした相談などのコミュニケーションがとれなくなる可能性も高いです。

「メッセージを送るほどではないけれど、困ったな」と悩む期間があることで、クライアント対応が遅れる、相談がなくなったことによって仕事の精度が下がるなどの副次的な問題も徐々に出てくるでしょう。また、ABWを始めた当初はお互いどうコミュニケーションをとっていいのかわからない部分もあるため、最適な方法やコミュニケーション頻度をすり合わせしながらつくっていくことが必要になります。

コミュニケーションを最適化するために、メールよりも簡単に連絡ができるチャットツールや、資料や顔を見ながら会話することができるWeb会議システムは多くの企業で導入されています。このように、雑談やちょっとした相談がしやすくなるツールを使って、近くの席にいるような状態をつくるというのも、ABWなどで場所が自由になる働き方では必要になってくるでしょう。

最初にさまざまな方法を試してみて、自社に適切なコミュニケーションツールを検討していくと、皆が満足できるワークスタイルを確立できるはずです。

3:セキュリティの整備

デメリットの3つ目は、セキュリティの整備です。オフィス内であればIDでセキュリティ管理ができますが、オフィス外で働く場合はカフェで後ろの席から見えてしまう、ノートPCやUSBの紛失という物理的なセキュリティにも気をつける必要があります。

また、Wi-Fi環境のインフラ整備次第では、「フリーWi-Fiに接続してしまったことで情報が漏洩してしまった」など、バーチャル面でのセキュリティの整備も不可欠になってくるでしょう。従業員に支給するモバイルデバイスは何がいいのか、セキュリティを守るためにどのような対策をとればいいのか、情報漏えいが起こった場合に最悪の事態を防ぐ方法を確立しておくなど、懸念事項をすべて整理・解決しておく必要があります。

いきなり全社でABW導入を行うと大変ですから、最初は1つの部署などで試験的に行ってみてどういったリスクがありそうかを見つけておき、それを防ぐ方法を見つけて解決するなど段階的に行ってリスクを減らし、チャレンジすることをおすすめします。

ABWを導入した事例

最後に、ABWを導入した事例を3つご紹介します。

1:対面コミュニケーションをWeb会議システムで代替

ABWでは異なる場所で働いているため、上司−部下、従業員同士などの対面コミュニケーション量が圧倒的に減ってしまいます。しかし、それを意図的に創出するために、Web会議で相談できる時間を各自に設けておく、常時つないでおいて必要なときに相談できる状態にしておくなど、Web会議システムを使って効果的なコミュニケーションを図るという方法もあります。

また、営業と制作でのやり取りなどをする場合、目の前で見ないと伝わらないこともあるでしょう。しかし、ビジュアルを共有できるWeb会議システムを使えば、同じ場所にいなくても問題なく打ち合わせができるといった活用法もあります。

このような活用方法で対面しか無理だと思っていたコミュニケーションをWeb会議で代替できるというのは、多くの企業にとってABW導入に前向きになれる内容ではないでしょうか。

完璧なビデオ、クリアな音声。インスタント共有「Zoomミーティング」

スクリーンショット 2020-05-21 14.28.34-1

出典:Zoom公式ページ

Zoom ミーティングは、世界各国75万以上の企業や組織で利用されているWeb会議サービスです。

通信速度が比較的低速なネットワーク回線でも途切れにくく、音声の途切れがほとんどありません。

Web会議の開催にライセンスを取得する必要があるのは主催者のみで、参加者は会議アドレスへ招待されることで、ブラウザから誰でもWeb会議へ参加できます。

13年連続Web会議の国内シェアNo.1(※)を獲得しているブイキューブが提供するZoom ミーティングの有料版では、ミーティングの映像や音声を録画・録音してクラウド保存しておくことが可能です。

投票機能ユーザー管理機能もついており、ビジネスシーンでも快適に利用することができるでしょう。

また、プランに問わずメールでのサポート体制を提供しています。エンタープライズプランでは企業に合わせて導入・運用を支援してくれるなど、利用者に最適なサポートが充実しています。

※「2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向」調べ

Zoom ミーティングを見る

Zoomの有料版を使うべきメリットとは?

Web会議ツールZoomの有料版を使うべきメリットについては、「Zoomの有料版を使うべきメリットとは?無料プランとの違いや決済方法を解説」のページでも詳しく紹介しています。ぜひあわせてお読みください。

2:オフィスの自席を撤廃し、目的別スペースを創出

オフィスの自席は撤廃し、2人での打ち合わせ・作業ブース、リラックススペース、アイデア出しスペースなど目的別のスペースを創出したことで、業務効率を格段に高めること。今までになかった出会いを創出できたことで、新たなプロジェクトが発足するなど、これまでになかったコラボレーションが生まれたという事例もあります。

固定の席ではなくABWに則した目的別スペースがあることで、新たなアイデアやコミュニケーション・コラボレーションが生まれ、楽しみながら仕事ができるように。これは、ABWでないと得られない成果といえるでしょう。

3:顧客に近いサテライトオフィスを設置し働きやすさを創出

顧客に近いサテライトオフィスも設置したことで、顧客に直行するとき・複数アポイントの間が空いたときなどの拠点としても活用できます。オフィスか自宅かカフェかという選択肢以外に、顧客に近いサテライトオフィスは言うまでもなく働きやすく、顧客とのコミュニケーションはもちろん、これまでに関わらなかった従業員同士のコミュニケーションを創出してくれるもの。

このように自由で働きやすい環境を整備したことで、従業員が生き生きと働ける環境を作り出せるのが、ABWの1番の特徴といえるでしょう。

まとめ

自由な働き方として、徐々に有名になってきているABW。そのメリット・デメリットや導入事例をまとめてご紹介しました。これまでの自由な働き方といわれてきたフリーアドレスやテレワークとは少々異なり、従業員が働きやすいだけでなく、エンゲージメントやコラボレーションなど新たな価値を生み出せるようになる新しい働き方です。

設計次第では、働き方だけでなく従業員の可能性もより広げてくれるものになるはず。単なるコスト削減と思わず、自社を魅力的な企業にするためにぜひ取り組みを検討してみてはいかがでしょうか。

無料体験会開催中!空いたワークスペースを会議室として有効活用できる「テレキューブ」

telecube

もしも今現在、自社で以下のような課題をお持ちであれば「テレキューブ」の導入を検討してみましょう。

  • 評価面談や1on1ミーティングなど、個人間の対話に適した場所が少ない
  • 誰にも話しかけられずに、業務に集中できるスペースが欲しい
  • 機密性が保たれたスペースで、周囲に聞かれずにWeb会議や電話がしたい

テレキューブは、オフィスの空きスペースを活用しあらゆる場所に設置ができるスマートワークブースです。Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で業務に集中できます。

また、大掛かりな設置工事の必要がなく最短1ヶ月〜から契約可能です。設置場所や利用シーンを問わず自社のオフィスに合わせた活用を検討しましょう。

詳細を確認する

川本 凜
著者情報川本 凜

ブイキューブのマーケティング本部で広告運用を担当しています。