• Web会議

Web会議ツール「無料」「有料」どちらを選ぶ?

Web会議ツール「無料」「有料」どちらを選ぶ?

インターネットがつながる環境とパソコンなどの端末があれば、簡単にできるWeb会議。無料版はコストが抑えられるので、多くの方に利用される一方、信頼性・セキュリティやサポートを重視する企業利用では、有料版を選ぶことも多いようです。本稿では無料版と有料版の違いや比較するポイントを説明します。

 

2016_0525_01.jpg

無料(無償)版と有料(有償)版の違いや比較する際のポイントを見てみましょう。

  無料Web会議 有料Web会議
安定性 多拠点接続や国際間での使用には不向きとの声も。 ネットワーク環境にもよるが、複数拠点や海外との接続が安定している場合が多い。
サポート ある場合もある。が、有料と比べるとメール対応のみなど、手薄い印象。 ある。サポート費用は利用料に含まれている場合や別途オプション費用がかかる場合がある。
コスト 無料 有料

安定性

通信環境にもよりますが、無料版は「1対1のコミュニケーションは問題なく使えるが、複数拠点になると接続が途切れてしまう」「海外拠点との会議では映像や音声の遅延がひどく、使いものにならない」といったお困りの声を耳にします。有料版もサービスや製品によって様々なので、無料トライアルなどの機会があれば、実際に試してみるのもひとつかもしれません。

サポート

障害時などに頼りになる、電話やメールでのカスタマーサポート。無料版は費用がかからないだけに、未対応の場合が多いようです。有料版でもサポート費用が別途かかったり、かからない場合でも、受付の時間帯が平日の9時~17時などと、限られたりするケースがあります。

コスト

言わずもがな、無料版は通信料以外、基本的にかかりません。有料版は通信料のほか、サービス利用料がかかります。サービス利用料も、ID数に対してかかるのか、利用する端末数に対してかかるのかなど、様々ですから、この点にも注意が必要です。また、導入時に初期費用がかかる場合もあります。

高品質でシェアNo.1、ビジネス利用に最適なWeb会議

2016_0525_02.jpg

有料版Web会議サービスのひとつである、ブイキューブの「V-CUBE ミーティング」は次のような点でおすすめです。

国内外の多拠点との接続も◎

V-CUBE ミーティング」は、1対1はもちろん50端末の同時接続が可能です。「無料版だと途切れてしまう多拠点とのWeb会議が、当サービスで試したところ、問題なく利用できたので無料版から乗り換えた」という話もしばしば。また、独自のネットワーク網を利用することで、国際間でも安定した通信環境を実現しています。

サポートも◎

ブイキューブは、導入時、導入後も手厚いサポートを用意しています。導入時のサポートとしては、運用体制・フローのご提案、カメラ、マイク・スピーカーなどの最適な機器のご提案、接続診断など、運用に乗るまでしっかりサポート。
導入後は、24時間・365日、メールや電話で無償のサポートを用意していますので、日中はもちろん、休日や夜間の会議などのトラブル時にも安心です。また、管理者・利用者向けのマニュアルも充実。業務利用が定着しやすい環境づくりをサポートします。

使い勝手や機能面も◎

また、「V-CUBE ミーティング」は使い勝手でもご好評をいただいています。

必要最低限のボタンを配置したわかりやすいインターフェイスにより、Web会議を利用したことのない方でも、直感的に操作できます。

さらに、機能も充実。たとえば、デスクトップやアプリケーションの画面共有が可能です。会議中に同じ画面や資料を見たり、データを編集したり、といったことができますから、正確で効率的なコミュニケーションがしやすくなります。他社テレビ会議システムや利用中のグループウェアとの連携もできますので、利用環境に合わせてより便利で効率的な遠隔コミュニケーションを実現できます。

2016_0525_03.jpg

以上のことから、ブイキューブのWeb会議はクラウド市場で9年連続シェアNo.1* を達成。「V-CUBE ミーティング」をはじめ、ブイキューブの各種サービスを導入していただいた企業・団体は5,000社以上にのぼり、業種や企業規模を問わず、幅広いビジネスの現場でご利用いただいています。

無料版と比べると確かにコストはかかりますが、無料トライアルで使い勝手などをお試しいただくと、その違いが分かるかもしれません。「無料」「有料」どちらがよいかご検討の際、判断材料にしていただけると幸いです。

*株式会社シード・プランニング「2016 ビデオ会議/Web会議/音声会議/UC関連製品の最新市場動向」

導入事例紹介

ツネイシホールディングス株式会社 様

2016_0525_04.jpgV-CUBE ミーティングを導入し、社内外のコミュニケーション・情報共有が活性化。電話やメールで済ませていた打ち合せをV-CUBE ミーティングで行うことで、社内外のコミュニケーション、情報共有が活性化しました。  

詳しくはこちら 


株式会社ベンチャーバンク 様

 2016_0525_05.jpgV-CUBE Oneを活用して全国拠点との遠隔コミュニケーションを実現。全国220店舗以上の店長が参加する会議を、V-CUBE Oneで実施し、会議頻度を向上しつつ、コミュニケーションにかかるコストを削減できました。

詳しくはこちら


 日本生命保険相互会社 様

2016_0525_06.jpg新入職員研修セミナーの遠隔配信とフォローミーティングを実施。

V-CUBE ミーティング/V-CUBE セミナーによる新入職員研修の成果として、新規代理店開拓件数が前年比で倍増しました。

詳しくはこちら

中森 しほ
著者情報中森 しほ

企業の課題解決に、まずはテレワーク導入の一手を

企業の課題解決に「やることはたくさんあるけど何から手をつければ良いかが分からない・・・」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことですが、テレワークの導入で、

  •  災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  •  通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  •  介護や育児の選択肢も増えるので、社員を持続的に雇用でき、優秀な働き手の採用・確保が可能になる
  •  プライベートが充実し、労働力意欲の向上、仕事への満足度が上がる

といったメリットがあります。

本当に自社でテレワークを導入すべきかどうかを判断するためにも、 「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」を読んでみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

新規CTA

無料の資料ダウンロードはこちら