• エンゲージメント向上

製造業界における国内外のコミュニケーション強化

製造業界における国内外のコミュニケーション強化

皆様こんにちは。

株式会社ブイキューブの松色 歓(まつしき かん)です。

ブイキューブはあらゆる業界のお客様へビジュアルコミュニケーションをご提案していますが、私はその中でも「製造業界」に特化して、お客様の課題解決、新たな価値創造のために、日々営業活動を行っています。 

私は日々営業活動を行うにあたって、昨今の製造業界が抱えている様々な課題を把握した上で、お客様へご提案出来るよう努めていますが、個々のお客様からお伺いする課題の根本の部分はやはり、製造業界全体が抱えている課題と紐付いていることが多いように感じられます。

そこで今回は、製造業界が抱えている課題を4つに大別し、それぞれの課題の抜本的解決のために、ブイキューブのビジュアルコミュニケーションサービスがどのように活用できるのか、ご紹介させて頂きたいと思います。

1. 国内外コミュニケーション強化
2. 研究・設計開発分野に特化した国内外コミュニケーション強化
3. 人材資源戦略の強化
4. BCMへの取り組み強化

第1回目となる本記事では、「国内外のコミュニケーション強化」という課題にフォーカスしてお話させて頂きます。

20160901_00.jpg

グローバル化の波

1980年代から始まった日本の製造業のグローバル化は、2016年現在に至るまで、段階を踏みながら大きく進展しています。

欧米市場をターゲットとした輸出による商圏の拡大から、円高の影響からコスト削減を狙った海外の途上国での生産、さらなる海外戦略強化のため海外拠点にも一部の管理機能の設置。

そして2016年現在は、各国の特有のニーズや市場動向に柔軟に対応するために、管理部門も含め、各機能を世界の最適地に分散し役割の差異化を進め、各国間で連携しながら事業展開を行う企業が増加してきています。

日本企業のグローバル化発展段階

20160901_001.jpg

出展:経済同友会「日本企業のグローバル経営における組織・人材マネジメント報告書」(2012年)をもとに編集・加工
 

製造業界における海外現地生産比率の実績と見通し

20160901_002.jpg

出展:経済同友会「日本企業のグローバル経営における組織・人材マネジメント報告書」(2012年)をもとに編集・加工

グローバルレベルでのオペレーション体制構築の必要性

このようにして各企業のサプライチェーンが世界を股にかけて展開される今、拠点同士のコミュニケーションはますます重要になってきていますが、「増大した拠点同士の連携が上手く行えず、損失が生まれてしまっている」というお客様の声をよく耳にします。

例えば、製造部門と販売部門間でコミュニケーションロスが生じてしまうと、「過剰在庫」という問題が発生してしまうかもしれません。

在庫を適正化するためには、製造部門と販売部門がそれぞれの計画を会議に持ち寄り調整を行う必要がありますが、サプライチェーンが世界中に展開されている場合、「距離」「時間」「交通費」など、様々な制約から満足な情報共有が出来ないのです。また、適正在庫を測るためには市場のニーズをいち早く把握し、迅速に共有する必要がありますが、ここでもまた上記のような制約が足枷となってしまいます。

全社オペレーションのグローバル化における課題

20160901_003_2.jpg

出展:NRI「我が国製造業のグローバルオペレーションの動向と課題」

世界中に展開されるサプライチェーンを最適化するためには、「距離」「時間」「交通費」といった制約を取っ払い、拠点間・部門間の垣根を越えて、より密なコミュニケーションを取る必要があります。

そしてそれを実現させるのがブイキューブのビジュアルコミュニケーションなのです。

場所・端末を選ばないコラボレーション

前段でお話しした課題を解決するためのソリューションとして、今回は「V-CUBEミーティング」というサービスをご紹介させて頂きます。

V-CUBEミーティングは端末を選ばずご利用頂けます。PCだけでなく、タブレットやスマートフォン端末からも会議を開催することが可能なため、交通費・移動時間の大幅な削減だけでなく、世界中のあらゆる環境から即時にフェースtoフェースでコミュニケーションを取ることが可能です。

拠点間・部門間の垣根を越えたコミュニケーション頻度が向上すれば、顧客ニーズをいち早く共有したり、収集した情報を元に即座に意思決定を行うことが可能になります。

結果的に製品の市場投入期間は大幅に削減され、競争優位性にも繋がってきます。

ビジュアルコミュニケーションはサプライチェーンの最適化に大きな役割を果たします。

V-CUBEミーティング相関図

またV-CUBEミーティングは他社のTV会議端末とも接続が可能です。

既にTV会議端末を導入済みのお客様が、拠点拡張に伴い新たにTV会議端末とその回線を導入するとなると、多額のイニシャルコストがかかってしまいます。

V-CUBEミーティングならば、インターネット環境さえご用意頂ければ、既存のTV会議システムを活用しつつ、設備投資のコストを大きく抑えることが可能です。

製造業界におけるグローバル化の波は、今後更に強まっていくことが考えられますが、ただやみくもに海外展開、拠点拡張を行っても、かえって損失は増えてしまいます。役割分担されているそれぞれの拠点の連携を強めるためのインフラを整えないことには、良い成果が得られないことは言うまでもありません。

ブイキューブのビジュアルコミュニケーションが、製造業界の皆様のコミュニケーション課題を解決させて頂き、ひいてはお客様により高い付加価値を提供するお手伝いをさせて頂きます。

今回は、部門を問わない国内外コミュニケーション強化をテーマに記事を書かせて頂きましたが、今後も引き続き製造業界の課題をピックアップし、それに対するブイキューブのソリューションをご紹介させて頂ければと考えています。

第2回では各部門の連携の中でも、設計・製造部門間での連携とその課題にフォーカスした記事を予定しています。お役立て頂ければ幸いです。

松色 歓
著者情報松色 歓

テレワークの導入で、従業員エンゲージメントの向上をはかる

人手不足の影響を受け、人材の流動化は深刻な社会問題の一つと言えます。一人でも多くの従業員を持続的に雇用できるよう、多くの企業が従業員エンゲージメントの向上に注力しています。

しかしその一方で「何をして良いかが分からない......」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークを導入することで、

  • いつでもどこでも時間や場所に囚われず働くことができるので、ワークライフバランスの充実につながる
  • プライベートと仕事のメリハリがつくことにより、労働力意欲が向上し仕事への満足度が上がる
  • 従業員満足度の向上により、採用力の強化につながる

などといったメリットがあります。

まずは本当に自社でテレワークを導入すべきかどうかを判断するためにも、「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」を読んでみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

無料の資料ダウンロードはこちら