• コスト削減・リスク対策

オンライン展示会とは?メリットや開催するために必要なツールを紹介

オンライン展示会とは?メリットや開催するために必要なツールを紹介

新型感染症の影響に伴い、直接会場へ足を運ぶ展示会の開催が難しい今、Web上で行う「オンライン展示会」を開催する企業が増えています。

しかし、これまで展示場などで企業と来場者が対面で行っていた展示会を、Webで行うにあたり、次のような不安を抱えている企業は多いのではないでしょうか?

  • オンラインでもしっかり商品・サービスの魅力を伝えられるのか
  • 来場者データを元に商談につなげることはできるのか
  • 開催にあたりどのような準備を行えばいいのかわからない

来場者の方と対面で会話ができない分、これまで通り、またはそれ以上の結果を出せるか不安を感じるのは当然のことでしょう。しかし、オンライン展示会ならではのメリットも多くあります。

そこで、本記事では以下の内容についてお伝えします。

  • オンライン展示会とオフライン展示会の違い
  • オンライン展示会のメリット5つ
  • 実際にオンライン展示会を開催した企業の事例

従来の形式との違いとオンライン展示会のメリットを理解したうえで、開催するイメージを膨らませていただければ幸いです。

オンライン展示会とオフライン展示会の違いとは?

オンライン展示会とオフライン展示会の違いとは?

はじめに、従来のホールや展示場などで行う「オフライン展示会」と、商品の紹介や商談などをすべてWeb上で行う「オンライン展示会」の違いについて紹介します。

そもそもオンライン展示会とは?

その名の通り、オンライン上で商品やサービスの展示、セミナーなどを行うのがオンライン展示会です。

バーチャル展示会」、またVR機能を用いて開催する場合は「VR展示会」と称される場合もあります。これらの展示会形式は、以前よりIT業界でおこなわれてきました。

現在は、新型感染症の影響でオフラインでの開催が難しいため、オンライン展示会の開催を行う企業が増えてきています。

オンライン展示会とオフライン展示会(従来の形式)の違い

では、実際にオンライン展示会とオフライン展示会にはどのような違いがあるかを見ていきましょう。具体的な違いは、以下の表の通りです。

 

オンライン展示会

オフライン展示会

開催場所

企業社内・レンタルスタジオなど

来場者自宅・社内・カフェなど

・企業・来場者共に指定会場

時間

指定時間

・(ビデオストリーミング配信の場合)来場者の都合のいい時間に視聴していただく

企業・来場者共に主催が指定した時間内

展示会後のフォロー

アンケート機能を用いて行う

ブース訪問者のアンケートを用いて行う

1番の違いは、直接顔を合わせないという点です。インターネット回線を用いて行うため、企業側も来場者も場所に縛られず開催できるのが最大のメリットと言えるでしょう。インターネット回線が整った場所であれば、企業は社内やレンタルスタジオなどから開催、また来場者も自宅やカフェ、移動中の電車内など都合のいい場所から参加できます。

後ほど詳しく説明しますが、録画機能を使用すれば来場者の都合の良い時間に、商品説明の動画やセミナーを見ていただくことも可能です。

また、直接顔を合わせられない分、商談までつなげられるか、来場者の後追いができるのかなどの、不安もあると思います。

しかし、

アンケート機能を搭載した配信サービスを活用する

別途サンプル品を送りして、実際の使用感を試す

などを行えば、オンラインでもしっかりと契約につなげることできます。

次に、より詳しくオンライン展示会のメリットを解説していきます。

オンライン展示会のメリット5つ

オンライン展示会のメリット5つ

ここでは、オフライン展示会とは異なる、オンライン展示会のメリットを紹介します。5つのメリットはこちらです。

1.天候に左右されない

2.コストの削減

3.集客が行いやすい

4.来場者の動向をリサーチできる

5.好きな時間に参加していただける

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

1.天候に左右されない

まず、オンラインでの開催のため、天候に左右される心配は不要です。来場者は雨でも雪でも、自宅やカフェなどのオンライン環境が整っている好きな場所から参加していただけます。

そのため天候のせいで、来場者が想定より少なく、思うようにPRできなかったという事態は起きにくくなります。

2.コストの削減

オンライン展示会の場合、開催にあたり必要となるコストを大幅に削減ができます。主に削減できるコストは、以下の通りです。

  • 会場のレンタル費
  • 運営・設備に関わる人件費
  • 機材や商材の運送費

また、配信の準備、資料・セミナーの作成など、オンライン展示会は開催の準備も最小限で済みます。費用面と時間、両方のコスト削減が可能ですそのため、オフライン展示会より開催のハードルは低い側面もあります。

3.集客の幅が広がる

オンライン展示会は、日本国内はもちろん、海外から参加していただくことができるので、集客が行いやすいのもメリットです。

従来のオフライン展示会の場合、

  • 会場に足を運んで頂く必要がある
  • 開催時間が決まっている

という、時間と場所の制約がありました。

しかしオンライン展示会ならば、

  • 自宅やカフェ、社内などのオンライン環境が整った好きな場所から参加できる
  • ビデオストリーミング配信を活用すれば、好きな時間に見てもらえる

というメリットがあります。

結果的に、これまで場所や時間の制約から参加できていなかった人にも、自社の商品やサービスをアプローチしやすいです。

4.オフライン展示会と同様のコミュニケーションが取れる

オンライン展示会の場合「対面でない分、来場者にアンケートが取れないのでは?」と懸念している企業も多いと思います。

しかし、リアルタイム配信時にチャット機能が使えるサービスを利用すれば、来場者の動向をリサーチ可能です。対面で会話している場合と同じように、質疑応答を行えるのでその場で疑問点を解消できます。

また、アンケート機能も活用すれば、来場者の方がどのくらい興味を示しているかなどのデータ集計も行えます。 アンケートを元に、今後の展示会の参考にしたり、後追い営業の資料として用いたりすることも可能です。

5.好きな時間に参加できる

録画した動画を見てもらう、ビデオストリーミング配信を活用すれば、より多くの方に都合の良い時間に参加していただけます。

リアルタイム配信の場合は、指定した時間に参加していただく必要があります。けれども、録画や事前撮影した映像を配信する「ビデオストリーミング配信」を利用すれば、好きな時間に参加していただくことが可能です。

これまで「興味はあるけれど時間が合わない」「開催場所が遠くて参加できない」と思っていた来場者に、自社のサービスを伝えるチャンスを拡大できます。

オンライン展示会を円滑に行うためのツール

実際にオンライン展示会を行うには、多くの来場者に同時配信ができるツールが必要です。そこで、オンライン展示会を行うための配信ツール「V-CUBEセミナー」と「Qumu(クム)」の2つを紹介します。

ライブ配信を行う「V-CUBEセミナー」

 

V-CUBEセミナー

出典:V-CUBE セミナー

リアルタイムでのライブ配信を行えるクラウド型配信サービスが「V-CUBEセミナー」です。

スライドと映像音声を同時配信できるので、資料を提示しつつ、詳しい商品・サービスの説明をリアルタイムで行えます。主な機能・サービスの特徴は次の通りです。

メリット(特徴)

  • 最大120,000拠点に同時配信可能
  • ブラウザで動画を見て頂ける。スマートフォンからの視聴可能。
  • アンケート機能搭載。選択式・記述式を用意
  • リアルタイム配信ではチャット機能を利用可能

日本国内をはじめ、海外を含めた20,000拠点に同時配信ができるので、より多くの人に展示会に参加いただけます。加えて、配信はブラウザで見られるので専用アプリなどのダウンロードをしていただく必要はありません。来場者の方は気軽に参加できるよう配慮しています。

また、アンケート機能とチャット機能を活用すれば、オフライン展示会と同様に、来場者の動向を調べたり、リアルタイムでコミュニケーションを取って質疑応答の時間を設けたりすることも可能です。

【V-CUBEセミナー導入事例】株式会社大塚商会

 

活用場面

自社製品、ソリューションをテーマとしたセミナーの開催

V-CUBEセミナーの選定理由

チャット・アンケート機能が搭載されており、オフライン展示会同様の対応ができる

クラウド型のため複雑な準備が不要

・参加者にも手軽に参加していただきやすい

利用して感じた効果・メリット

・2010年よりオンラインセミナーを開催し、7年間で参加者は約10倍に拡大。

(2010年参加者:836名、2017年参加者:8213名)

地方の新規顧客開拓に成功

株式会社大塚商会様では、自社製品やソリューションをテーマとしたオンラインセミナーを2010年から行っており、開催にあたりV-CUBEセミナーを活用いただいています。

オフラインでの開催と比較して低コストで行えるため、300名規模のセミナーをはじめ、ニッチな商材をテーマとした少人数のセミナーも開催しています。

時間と場所の制約がないので、これまで「開催場所が遠くて参加が難しい」とご参加頂けていなかった方にも参加していただけるように。結果として、新規顧客開拓に成功されています。

誰でも簡単にプレゼンテーション動画が作成できる「Qumu」

 

Qumu出典:Qumu(クム)

Qumu(クム)は、社内外向けの動画作成・配信を誰でも手軽に行えるサービスです。下記の機能を誰でも簡単に実践できるようになっています。

  • 動画の編集(字幕挿入・動画のカット・トリミング)
  • 動画の配信
  • 動画配信時の視聴解析(視聴したデバイスや動画の再生時間など)

オンライン展示会においては、以下のように活用できます。

  • 商品・サービスをより深く理解してもらうための動画資料として活用
  • オンライン展示会でセミナーを行う際の資料、商談時の資料にする

また、オンライン展示会だけでなく、社内でのプレゼンテーションなど、幅広い場面で活用できます。資料の作成から配信までを手軽に内製化できるのは、Qumuならではの魅力です。

【Qumu導入事例】株式会社肥後銀行

活用場面

・社内ニュースの配信

・将来的にお客様向けコンテンツ配信も予定

Qumuの選定理由

シンプルな操作性で使いこなしやすい

・手軽に高品質な動画を作成できる

セキュリティ機能が整っている

利用して感じた効果・メリット

外注していた動画作成を、時間・コストを削減したうえで自社作成に切り替え

・県外の支店とのコミュニケーションが活性化

 

株式会社肥後銀行様では、文書での伝達に加えて、より伝達力が強い映像でのコミュニケーションを図るためにQumuを導入。社内で毎週5~6分の「Weeklyニュース」を行員向けに配信されています。

また、社内でのコミュニケーションはもちろん、社内での教育用コンテンツの作成にもQumuを活用。以前は社内の教育用コンテンツを外注していましたが、現在は社内で高品質の動画を短期間で手軽に作成できるように。されに今後は、動画を活用した新規顧客開拓を目標としています。

まとめ|オフライン展示会なら全国・海外のお客様へサービス・商品の魅力を伝える

昨今の情勢の影響もありますが、より幅広い顧客に自社のサービス・商品の魅力を伝えるに、今後積極的にオンライン展示会を活用していくことをおすすめします。

あらためて、オンライン展示会のメリットを振り返りましょう。

1.天候に左右されない

2.コストの削減

3.集客の幅が広がる

4.オフライン展示会と同様のコミュニケーションが取れる

5.好きな時間に参加していただける

はじめてオンライン展示会を行う際は、さまざまな不安を感じると思います。しかし、オフライン展示会では繋がることができなかった顧客と出会う可能性を広げられるのはオンライン展示会ならではのメリットです。

ピンチをチャンスに変えて、ぜひこの機会にオンライン展示会を開催してみてはいかがでしょうか。

「コスト削減、何からはじめよう...」そうお考えの企業担当者さまへ

オフィス費用や人件費、光熱費など、企業が日々営利活動をする中でかかってくる様々なコストを、テレワークの導入により削減できることをご存知でしたか。

テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことで、今多くの企業が導入を進めています。

コスト削減に課題を感じているならば、まずはテレワークの導入を検討すると良いでしょう。

導入をすることで以下のようなコスト削減を実現します。

  • 会議室のスペース確保などオフィスにかかるコストを削減できる
  • 感染症対策や自然災害などオフィスに出社が困難な状況でも、持続的に仕事ができる
  • 育児や介護などの理由で退職していた従業員が継続して働けるようになるなど、働き方の多様化を取り入れることで採用費の削減につながる

また、コスト削減以外にもテレワークの導入で業務の効率化や生産性の向上、ワークライフバランスの実現に寄与します。企業にとって多くのメリットがあるテレワーク。ぜひ導入の検討をしてみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。

無料の資料ダウンロードはこちら

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。