directed-by-vcube

どのように病院のミッションに向けてすべての医療スタッフ、従業員を奮い立たせていったか。

 

2010年に全米屈指の医療施設である、Mayoクリニック“Mayo Effect”という院内向けのキャンペーンを展開しました。
これは新しい病院の様々な戦略プランを浸透させる目的で作られました。

 

当時世界的不況化において、病院の将来に関する不安要素が多くあり、

このような不安にどのように立ち向かうか、スタッフのモチベーションを上げる目的で作成されています。

 

そのビデオは冒頭で、「私たちは本当に不安に思っています。Mayoクリニックは生き残れるのか?」と不安をあおります。

 

しかしこのビデオを最後まで見れば、従業員は今後いかに連携して、新しいプランのもとに結束していけばよいのか、奮い立たせられることになります。 

20141219_001-300x165.png

2010年6月にスタッフミーティングにて、「Mayo Effect」キャンペーンをキックオフしました。
スタッフは27のロケーションで60,000人もいます。
スタッフミーティングの冒頭で、この3分56秒のビデオを流したのです。

 

「それは本当にドラマティックでした。大きなスクリーンにメッセージが流れて行き、最後は「You(あなた)」で締めくくります。


 

 

これはあなた自身が、このMayoクリニックの改革において、もっとも重要な部分であることを強調しているのです」

 

このビデオの中で大変ハードな状況の中、従業員一人一人、が繋がって、すべての知識を共有して
患者のケアのためにあなたができることをしましょう。

 

56000人の中のあなた。1を何回かけても1ですが、あなたはこの計画の中でとても重要な人間なのです。
そのようなメッセージを全職員に伝えました。

 

9ヵ月後にMayoクリニックのスタッフ(1600人の医師、管理者、スーパーバイザーなど)にサーベイを実施しました。
結果88%のスタッフはこのキャンペーンを明確に理解していました。前回は40%だったことを考えると大きな前進でした。

 

この後、院内の掲示板やソーシャルサイト、ビデオのコメント欄にはなにかベストプラクティスを紹介したり、チームで何かを改善するたびに、
「これはMayo Effectだね」や、
「君こそまさに“Mayo Effect”だ。」といったメッセージが数多く見られたとのことです。

 

 

 

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)
お問い合わせ・資料請求

無料体験会開催中!
空いたワークスペースを会議室として有効活用できる「テレキューブ」

telecube

もしも今現在、自社で以下のような課題をお持ちであれば「テレキューブ」の導入を検討してみましょう。

  • 評価面談や1on1ミーティングなど、個人間の対話に適した場所が少ない
  • 誰にも話しかけられずに、業務に集中できるスペースが欲しい
  • 機密性が保たれたスペースで、周囲に聞かれずにWeb会議や電話がしたい

テレキューブは、オフィスの空きスペースを活用しあらゆる場所に設置ができるスマートワークブースです。Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で業務に集中できます。

また、大掛かりな設置工事の必要がなく最短1ヶ月〜から契約可能です。設置場所や利用シーンを問わず自社のオフィスに合わせた活用を検討しましょう。

詳細を確認する