directed-by-vcube

 

20141219_002-300x198.jpg

米国リサーチ会社大手のガートナー社が主催する「ガートナーシンポジウム」が開催されました。

 

我々のよきパートナーでもある彼らと、最新のテクノロジーやコミュニケーションに関することを共有するのはとてもエキサイティングなことです。

 

特に我々はGartner社のアナリストである、David W. Cearly氏のプレゼンテーションが印象的でした。彼のプレゼンテーションは、 「2015年の戦略的なテクノロージートップ10(the Top 10 Strategic Technology Trends for 2015)」というものでした。

 

Cearly氏はプレゼンテーションの中で、10項目のトレンドの概要を3つの違うエリアに分けて、説明していました。

 

最初のエリアは「実世界と仮想世界の融合(Merging the Real World and the Virtual World)」に関する議論でした。

 

我々は毎日リアルワールドのアクション(実世界の活動)をしています。その経験を同僚たちに様々なデータを用いて、なんとか共有しようとしています。それは実世界の仮想世界への持込なのです。もちろん簡単なことではありません。

 

我々Qumuもまさに、これまで「実世界を仮想世界へ持ち込むこと」を提唱してきました。ビデオというのは、まさにその実世界の瞬間を切り取り、多くの人にその世界を垣間見せることができるのです。

 

特にビジネスの世界において成功するためには、この誰かの実際に経験したことを、チームメンバーや組織全体へ伝えることがもっとも重要な要素のひとつです。

 

これまでは、社内の専門家やスペシャリストの経験を「ワード文書」や「パワーポイント」にまとめていました。おそらくそれらは、読むのにも時間がかかり、最終的にはキャビネットやファイルサーバへしまわれ、二度と人目に触れることのない情報になっていることもあります。

 

ビデオを社内で使うということは、会社中の専門家、スペシャリストの経験を余すことなく、誰かに伝えることができるようになります。それもダイジェストで簡単にベストプラクティスや、Tips、重要な経験に基づく知識を得ることができるようになるのです。

 

一回撮影されたビデオは社内のビデオポータルを通じて、誰もが視聴できるようになります。また必要なビデオを探し出すための最新のテクノロジー「スピーチサーチ機能」を使えば、ビデオの中で話された言葉によって、簡単に検索が可能です。

 

ビデオは、実世界で経験したことを仮想世界に持ち込み、際限なくだれもがアクセスできる情報となり、従業員全員の知識レベルを押し上げる助けとなることでしょう。

 

もしどのように企業内にビデオポータルを構築するか興味がある方は、こちらの「エンタープライズビデオの構築」にアクセスしてみてください。きっと実世界を仮想世界へ持ち込むことができるでしょう。

 

 

 

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)
お問い合わせ・資料請求