directed-by-vcube

技術・技能伝承に関する課題

団塊の世代の多くが一斉に退職すると見られていた2007年問題や、継続雇用により5年後に先送りとなった2012年問題。


これらは、現場の技術や技能の継承が困難となり、企業の業務が停滞、日本の経済に大きな影響が出るのでは?という危険が叫ばれていました。
深刻な問題として予想されながらも、世間的にはそれほど大きくは発展しなかったものとされてはいますが、決して解決したわけではありません。
熟練技術者が大量に退職していく中、その技術や技能がノウハウとして共有されていないという企業は珍しくないでしょう。

日々の業務でどうしても優先されてしまうは、作業の効率。
そうなると、やはりベテランの技能者が第一線で作業を行い続けるという状況になってしまいます。
これは、トラブル時に若手が適切に対応できないという将来的な企業の欠点につながります。
また、作業の自動化によって、若手が作業の背景や原理原則を理解する機会が作れないことも、重要な課題のひとつ。
現在、このような技術・技能の伝承に関する対策に、多くの企業が頭を悩ませています。

技術・技能伝承の取り組み

企業の熟練技術者が、技術や技能を伝承する上で、非常に重要となるポイント。
それは「何を」「誰に」「どのように伝えるのか」等々でしょうか。

 

どれだけ優れた技術や技能でも、それを若手人材が理解できなければ、折角のノウハウは引き継がれていきません。
企業の将来というのは、培ったノウハウをいかに伝承し、活用していくかにかかっているのです。


そして伝え方というのも、それが今後企業の業務に活きていくかどうかを大きく左右します。

 

それでは、企業の技術・技能伝承の取り組みについて考えてみましょう。

 

  • 作業に関する背景やポイントを説明
  • 作業者の視点で作業内容を動画(含む音声)で記録
  • 作業手順の中で注意すべき作業内容、作業方法、確認点をコメントと共に記録
  • 作業結果の品質確認のポイント、見るべき箇所を共有

 

上記には、企業がぜひ共有しておきたいと考えられる点を挙げてみました。
以上を参考に、ベテランの作業員が持つ技術や技能の伝承について考えてみてはいかがでしょうか。

技術・技能伝承のやり方

数少ない熟練技術者が一斉に多くの若手人材を育成するのは、簡単なことではありません。
大勢を集めて説明しても浸透度は期待できず、また複数回に分けて何度も同じ内容を教えたとしても時間がかかり、本来の業務が停滞してしまうというデメリットがあります。

 

そこで全員がわかりやすく視聴することができ、育成の時間も軽減できる「作業内容を動画で撮影する方法」は非常に効率的なものと言えるでしょう。

 

作業の手順やポイントを記録して、何度も確認することができるというのも、ノウハウの伝承に大きく役立ちます。

技術・技能伝承を動画で記録するために必要なもの

  • ハンズフリーで利用できるカメラとマイク
  • 映像を記録する機器とシステム
  • スマートフォン、タブレット、PCで映像を見られるシステム

20170705_02.png

20170705_03.png

システム選定時のポイント

では企業が導入するシステムを選ぶにあたって、どのような点を重視すればいいのでしょう。
下記には熟練技術者が若手人材にノウハウを伝承にするために、特に重要となるポイントを挙げました。
システム選定時には参考にしてみてください。

 

  • どこからでも、効率的に熟練技術者の技能を学べる
  • アクセス認証や視聴範囲の設定等、高いセキュリティを有している
  • 誰が、いつ、どの動画をどのくらい視たか把握できる


技能伝承をサポートするV-CUBE のサービス


熟練作業者の作業手順や作業ノウハウをHD画質・高音質で記録

20170705_04.png

作業の手順やノウハウを、熟練作業者から受け継ぐことは簡単なことではありません。
高品質のクラウド型Web会議(ウェブ会議)サービス「V-CUBE ミーティング」を活用すれば、多数の相手に対して一斉に情報を伝えることが可能です。
熟練作業者と若手人材との会話も記録できるため、熟練者の視点や考え方、作業時の注意事項も作業手順とともに残すことができます。
その記録は、技能伝承の大きなサポートアイテムとなります。

 

V-CUBE ミーティングのご紹介はこちら

 

 



熟練作業者による講習会の開催

20170705_05.png

熟練作業者による講習会をオンラインで開催すれば、会場手配などの費用、準備の手間は軽減されます。
V-CUBE セミナー」を活用すれば、オンデマンド配信もできるので、時間を気にせずにいつでも視聴が可能。
作業手順や作業時の注意点など重要なポイントを解説するのに最適で、ライブ配信ではチャットでのコミュニケーションもできて理解度も高まります。
またセキュリティの高さやサポートの充実も特徴です。

 

V-CUBE セミナーのご紹介はこちら

 

 



熟練作業者のノウハウ動画を安全に共有

20170705_06.png

企業の業務に関するノウハウというのは、外部への漏洩も注意する必要があります。
企業向け動画配信プラットフォーム「QUMU(クム)」は、万全のセキュリティ管理のもとで動画を作成することが可能。
誰でも簡単に編集できるため、動画作成を外注に頼る必要がなくなり、コスト削減にもつながります。
社内の認証サーバと連携してユーザ認証を行い、部門ごとに視聴制限が設定できたり、視聴記録の確認もできます。
経営陣のメッセージや、業績、製品・サービスの最新情報などを、安心して発信できるので社内で情報共有のスピードアップが図れます。

 

企業向け動画配信プラットフォーム QUMU(クム)のご紹介はこちら

 

 



研修のオンライン化

20170705_07.png

V-CUBE ラーニング」は、学習コンテンツを簡単な操作で作成、配信することが可能です。
配信されたコンテンツは、スマートフォンやタブレットなど様々なデバイスを利用して受講できます。
専用のアプリなどもダウンロード不要のため、誰でも手軽に行えるというのも特徴のひとつ。
またリアルタイムでの学習履歴や習熟度の確認、SNSを活用し受講者同士でナレッジを共有することなども可能。
サポート体制も徹底していて、大手企業や官公庁などたくさんの機関で導入されています。

 

V-CUBE ラーニングのご紹介はこちら

 

まとめ

業務の効率面が優先されれば、どうしても若手の作業員への技能、技術の伝承はおろそかになります。
しかしノウハウの引き継ぎが不十分な状態は将来的に大きな問題と発展する可能性が高く、多くの企業の悩みの種となっています。
ベテランの作業手順を記録して多数の若手へと伝えられるV-CUBE ミーティングを活用すれば、本来の業務を妨げることなく限られた時間で技能、技術を伝承することが可能です。
他にもV-CUBE サービスでは、オンラインでの講習会の実施や学習コンテンツの作成や配信も手間をかけることなく低コストで実現します。

 

20170705_01.png

 

 

関連リンク

社内研修の効率化(オンライン研修編)

作業現場を効率的に把握(フィールドワーク編)

導入事例紹介

東洋テック株式会社 様

東日本旅客鉄道株式会社 様

UTグループ株式会社 様

 

 

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)
お問い合わせ・資料請求

無料体験会開催中!
空いたワークスペースを会議室として有効活用できる「テレキューブ」

telecube

もしも今現在、自社で以下のような課題をお持ちであれば「テレキューブ」の導入を検討してみましょう。

  • 評価面談や1on1ミーティングなど、個人間の対話に適した場所が少ない
  • 誰にも話しかけられずに、業務に集中できるスペースが欲しい
  • 機密性が保たれたスペースで、周囲に聞かれずにWeb会議や電話がしたい

テレキューブは、オフィスの空きスペースを活用しあらゆる場所に設置ができるスマートワークブースです。Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で業務に集中できます。

また、大掛かりな設置工事の必要がなく最短1ヶ月〜から契約可能です。設置場所や利用シーンを問わず自社のオフィスに合わせた活用を検討しましょう。

詳細を確認する