サイボウズ株式会社 青野 誠様

株式会社ブイキューブ 今村 亮

directed-by-vcube

ビジュアルコミュニケーションサービスを提供する株式会社ブイキューブは、今年創業20周年を迎え、新たなミッションとして「EVENな社会の実現」を掲げています。

今回の対談相手であるサイボウズ株式会社様は「チームワークあふれる社会を創る」をビジョンに掲げ、同社が実現してきた働き方の多様化を広めるべく、昨年「チームワーク総研」を設立されました。

両社は、サービスやソリューションの提供を通して企業の業務効率化を支援するとともに、自社でも働き方改革や多様な働き方を実現しているという共通点があります。リモートワークを始めとする制度の導入や、その基盤となる文化の醸成に課題を抱えている企業様にとって、本対談がヒントになれば幸いです。

サイボウズとして「働き方改革」という言い方をしたことは一度もない

確かに、「働き方改革」の旗を振ったわけではなく、離職率の高さに危機感を抱いたことが始まりだったというお話は青野社長も度々されていますね。

サイボウズ株式会社 人事部副部長 兼 チームワーク総研研究員 青野 誠(あおの・まこと)
2006年早稲田大学理工学部情報学科卒業後、サイボウズ株式会社に新卒で入社。営業やマーケティング、新規事業「かんたんSaaS」や「KUNAI」の事業立ち上げなどを経験後に人事部へ。現在は採用、育成、制度づくりなどを担当している。2016年よりNPO法人フローレンスの人事部門にもジョインし、複業中。自ら多様な働き方を実践している。https://teamwork.cybozu.co.jp/

それを受けて、2006年に最長6年間の育児介護休暇制度、2007年に「働き方を選択できる制度」を導入されたんですね。

株式会社ブイキューブ 管理本部 人事グループ グループマネージャー 今村 亮
1993年上智大学法学部国際関係法学科卒業後。新卒で大手精密機器メーカーに入社し、入社研修後すぐに人事部に配属される。その後サービス業、メーカー物流会社で、採用、教育、労務、人事制度設計、人事情報システム構築などの全領域とマネジメントを経験し、2016年にブイキューブ入社。現在に至るまで一貫して人事の道を歩む。 2017年1月より現任として人事部門を統括。同年発表した「Orangeワークスタイル」制度を構築し、そのノウハウをテレワーク導入に向けた企業向けWebセミナーやコンサルティングなどで発信している。https://jp.vcube.com/

どれだけ細かく区切ってみても
人によって働き方への要望に違いはある

そこからさらに現在は「100人100通り」の働き方を提言していらっしゃいます。100通りというのはあくまでも表現であって、つまり無制限に、社員の数だけ働き方があるという意味ですよね。

ブイキューブもテレワークをやりましょうという号令をかけたわけではなく、
自然発生したニーズに合わせて制度を整えた

「サイボウズさんだからできるんですよ」と言う企業と
本気で変わろうとしている企業の違い

サイボウズさん自身が多様な働き方を進められる中で、2017年11月に「サイボウズ チームワーク総研(以下、チームワーク総研)」を立ち上げられましたね。どういった背景があったのでしょうか。

リモートワークの基本は「公明正大」

責任を持って自分の働き方を選ぶからには皆
自分が一番幸せになり、パフォーマンスが上がる方法を選ぶ

細かい話も含めると考えるべきことは山ほどあるように思いますが、制度や文化が企業に定着するまで、だいたいどのくらいの時間がかかるものなのでしょうか。

ブイキューブは今年創立20年の節目を迎え、「EVENな社会の実現」というミッションを新たに制定されました。最後に、両社がそれぞれのミッションやビジョンに込められた思いについて、お聞かせいただけますか。

本日はありがとうございました。

無料体験会開催中!
空いたワークスペースを会議室として有効活用できる「テレキューブ」

telecube

もしも今現在、自社で以下のような課題をお持ちであれば「テレキューブ」の導入を検討してみましょう。

  • 評価面談や1on1ミーティングなど、個人間の対話に適した場所が少ない
  • 誰にも話しかけられずに、業務に集中できるスペースが欲しい
  • 機密性が保たれたスペースで、周囲に聞かれずにWeb会議や電話がしたい

テレキューブは、オフィスの空きスペースを活用しあらゆる場所に設置ができるスマートワークブースです。Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で業務に集中できます。

また、大掛かりな設置工事の必要がなく最短1ヶ月〜から契約可能です。設置場所や利用シーンを問わず自社のオフィスに合わせた活用を検討しましょう。

詳細を確認する