株式会社LIFULL 井上 高志様

株式会社ブイキューブ 間下 直晃

ビジュアルコミュニケーションサービスを提供する株式会社ブイキューブは、今年創業20周年を迎えます。同社が提供するウェブ会議システムは、様々な企業に導入され、業務の効率化につながっています。近年、日本でも残業の削減や在宅ワークの推進といった、これまでの働き方を変えようという機運が官民ともに高まっています。

今回、同社の創業20周年を記念して、不動産情報サービスを展開する株式会社LIFULL(以下、ライフル)と対談しました。ライフルは「日本一働きたい会社」を経営理念に掲げています。社員にさまざまな挑戦の機会を与えて社員の自発的成長を促し、その成果を会社の業績に繋げることで経営理念の実現と社員が生き生きと働くことの両立を目指しています。

共通点が多い両社の対談が、働き方に悩む会社員の方々のヒントになれば幸いです。

動画で見る

人が働きたくなる理由や理想の働き方の追及がきっかけ

本日は、お忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。早速ですが、2008年からライフル社は日本一働きたい会社を掲げて、さまざまな取り組みをされていますが、何か課題があってそのような取り組みを始めたのでしょうか。

代表取締役社長 井上 高志(いのうえ・たかし)
1968年、東京生まれ。リクルートコスモスやリクルートを経て、1997年に前身の会社を設立。2017年、NEXTからLIFULLへ社名を変更。
1997年、設立。不動産情報ポータルサイトの運営が主力事業。2017年に社名をLIFULLに変更しグローバル企業へと舵を切った。「日本一働きたい会社」を掲げているhttps://lifull.com/

間下さんはいかがでしょうか。ブイキューブでの取り組みについて、お聞かせ下さい。

株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 間下 直晃(ました・なおあき):1977年、東京生まれ。1998年、慶應義塾大学在学中に前身の会社を設立。2002年慶應義塾大学院理工学研究科 修了
1998年10月、大学在学中にブイキューブの前身の会社を創業。情報通信技術を高度に活用することで、テレビ電話でもタイムラグのないシームレスな会話のやりとりを実現するサービスを提供している。2006年、社名を現在のブイキューブに変更。企業のみならず、自治体も含めて60社以上にシステムが導入されている。https://jp.vcube.com/

ビジョンの共有と会社文化の継承が難しい

ここまでに至る中で、困難を感じたことはありますか。

間下さんはいかがでしょうか

ブイキューブ社が導入しているオレンジワークスタイルですが、社員は年齢も違いますしライフステージも様々だと思います。その状況で、ワークスタイルを浸透させるに際しての課題はどのように解決しましたでしょうか。

井上さんの会社では、工夫されていることはありますか。

労働場所の概念が変わってきている

サテライトオフィスなど、日本国内での取り組みはいかがでしょうか。

規制や慣習を変えるには時間がかかる

ライフスタイルの変化に合わせて働き方を変える

対談も終盤になりましたが、それぞれの会社が今後、取り組んでいきたいことを教えていただけませんか。