代表的な音声配信アプリ12選!種類と特徴をご紹介

代表的な音声配信アプリ12選!種類と特徴をご紹介

動画配信サービスが人気の中、音声配信サービスが次のプラットフォームとして注目されています。

動画であれば視聴者が画面を目で追う必要があるのに対し、音声であれば耳だけを傾ければいいのが特徴です。車や電車などの移動時間、料理や育児などの家事時間など、なにかをしながら聞くことができる「ながら聞き」ができる点で人気が高まっているのです。

また、テクノロジーの発展により、スマートフォンやタブレットで誰でも気軽に音声コンテンツを配信・聴取できるようになっています。スマートスピーカーなどのIoTデバイスも各家庭で普及し、音声配信の盛り上がりに寄与しています。

今回は、音声配信アプリの種類と特徴、代表的なサービスをご紹介します。音声配信を検討している方は参考にしてください。

音声配信アプリの選定ポイントや特徴をまとめた資料を こちらからダウンロードいただけます

音声配信アプリの種類と特徴

まず、音声配信アプリの種類と特徴についてご紹介します。ラジオとは異なり、今回ご紹介するのは、配信者が音声コンテンツを配信でき、視聴者が聴取できるアプリです。

音声配信アプリは以下の3つに分類されます。

  • ポッドキャスト:音声を配信して、視聴者はその音声を聴取する
  • 音声配信サービス:音声を配信して、視聴者はその音声を聴取する
  • 音声SNS:視聴者が配信に参加するなど、サービス内でユーザー同士がつながっている

ポッドキャスト

ポッドキャスト(Podcast)とは、インターネット上にRSSフィードを通して音声ファイルを公開する仕組みです。一般的には、配信された音声番組自体をポッドキャストと呼ぶことが多いです。

ポッドキャストは、自身の好きなコンテンツを制作して配信できるのが特徴です。アプリやPCから自由に編集した音声ファイルをアップロードすることができます。編集せずそのまま公開することも可能です。

ポッドキャストでの配信手順は2ステップ。まず音声ファイルをSoundCloudやAnchorといったサーバーにアップロードします。そして、配信先を選択します。ポッドキャストのアプリだけでなく、Apple Podcast、Google Podcast、Spotify、Amazon Musicなどにも配信できます。

視聴者は、音声をダウンロード、もしくはストリーミング再生で楽しむことができます。配信されているコンテンツは、英会話やニュース、ボイスドラマなど様々なジャンルのものがあります。

音声配信サービス

音声配信サービスとは、音声を配信して、視聴者はその音声を聴取するサービスです。

音声を編集するソフトウェアなど、特別な機材を用意しなくてもスマートフォンなどから音声配信が可能です。視聴者であるリスナーも、アプリから聞くことができます。

音声配信サービスは、サービスごとにユーザー層の違いがあります。ゲーム実況が多いアプリや、高校生から大学生までの若年層がメインユーザーのアプリ、海外のユーザーが多いアプリ、タレントやアーティストが多いアプリなど、大まかにジャンルやユーザー層の違いに傾向があります。

配信する場合、まずは視聴者として各ライブ配信プラットフォームのコンテンツを視聴し、動画に対する視聴者のコメントやリアクションの傾向、利用者の多い時間帯などを大まかに理解してみてください。配信したい内容にあわせてプラットフォームを選ぶことが重要です。

音声SNS

音声SNSは、視聴者が配信に参加するなど、サービス内でユーザー同士がつながることができるサービスです。スマートフォンから気軽に音声配信ができ、視聴者もアプリから聴取・参加できます。

文字や写真とは異なり、その場の空気感や感情がより直接伝わるのが特徴です。リモートワークで孤独感を持った人が、人との接点を求めたことなどを背景に、音声だけでつながる音声SNSが一気に広まりました。

音声配信アプリの紹介

ここからは、代表的な音声配信アプリをご紹介します。

音声配信アプリを選ぶ際は、配信のクオリティ、ユーザー数、配信コンテンツのジャンル、マネタイズの可能性などから検討してみてください。

ポッドキャスト

ポッドキャスト(Podcast)は、RSSフィードを通して、複数の配信プラットフォーム・アプリに音声ファイルを配信できます。以下にご紹介するサービスは、無料で利用することができます。

Apple PodcastApple Music

出典:Apple Podcast

Apple Podcastは、Appleが提供するポッドキャストサービスです。無料で配信でき、視聴者も無料で音声コンテンツを楽しめます。一部サブスクリプションに対応したコンテンツもあり、視聴者はお金を払って聴取します。

Apple TV、Apple Watch、CarPlay対応のiPhoneなどのApple製デバイスでもApple Podcastを視聴できます。AIアシスタントのAlexaとも連携させて、スマートスピーカー上で配信コンテンツを楽しむことも可能です。

Spotify

Spotify出典:Spotify

3億5,600万人が使用している世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyは、近年、ポッドキャスト番組に力を入れています。聴取できるポッドキャストの番組数は260万を超えています。

ポッドキャストを配信できるAnchorとの相性がよく、簡単に音声を収録・編集・配信できるのが特徴です。リスナーである視聴者は、アプリから聴取できます。

Spotifyでは、サブスクリプションや音声広告などで収益化が可能になっています。

Google Podcast

Google Podcast出典:Google Podcast

Google Podcastは、Googleが提供する音声配信サービスです。Google Playでダウンロードでき、Android端末だけでなく、PCやiOS端末でも利用できます。Googleのスマートスピーカーでも再生でき、また、iOSではAirPlayに対応しているためHomePodなどのデバイスでも聴取できます。

Amazon Music

Amazon Music出典:Amazon Music

Amazonが提供する音楽配信プラットフォームAmazon Musicでも、ポッドキャストを聴くことができます。各種プラットフォームで配信されている音声番組だけでなく、Amazon独占配信の番組も楽しめます。

SoundCloudやAnchorといったサーバーからAmazon Musicに配信可能です。

音声配信サービス

次に、音声配信サービスをご紹介します。ポッドキャストと比べて、より手軽に音声コンテンツを配信できるのが特徴です。

サービスごとにユーザー層が異なるため、自分に合った音声配信サービスを選びましょう。

stand.fm

stand.fm出典:stand.fm

 

株式会社stand.fmが運営するstand.fm(スタンドエフエム)は、誰でも、どこにいても、気軽に収録ができて、すぐに配信できる音声配信プラットフォームです。

アプリ上で、オリジナルBGMの挿入や音声の編集、配信までワンストップでできる「収録」機能(アプリやPCから音声ファイルのアップロードも可能)、アプリ1つで離れた方ともリモートで収録およびLIVEができる「コラボ」機能、 視聴者の方から質問や相談を募集できる「レター」機能など、配信者が配信しやすい機能が充実しています。

また、収益化も可能です。配信者へのギフトや月額有料のメンバーシップ、再生時間に応じた金額を配信者に還元するパートナープログラムなど多様な方法で収益化できます。「再生時間に応じた収益化」は審査制で、承認されたチャンネルのみが対象です。チャンネルのフォロワー数1,000人以上が審査の目安とされています。

Voicy

Voicy

出典:Voicy

株式会社Voicyが運営するVoicy(ボイシー)は、日本最大級の音声配信プラットフォームです。2021年の年間利用者数は前年比2倍の1,300万人を突破しています。

誰でも配信することができるわけではなく、配信には審査が必要です。審査通過率は5%で、各分野の専門家や経営者、芸能人など厳選されたコンテンツを楽しめます。

編集を加えず、スマホから収録した声をそのままアーカイブする「ボイスメディア」というフォーマットが特徴です。Voicyではパーソナリティによる「声のブログ」のほか、ニュースが声で聴ける「メディア放送」、企業の声を伝える「オウンドメディア」などあらゆるコンテンツを、収録とライブの形式で聞くことができます。

Voicyでの収益化には、リスナーからの「差し入れ」、月額課金ができる「プレミアムリスナー」、企業からの支援を受けられる「企業スポンサー」があります。月額課金は一定の基準をクリアした人だけが利用できます。2021年8月時点で、リスナーから音声配信者への直接課金が月間1,000万円を突破しています。

Radiotalk

Radiotalk出典:Radiotalk

Radiotalkは、編集や加工ができる「トーク収録」も、生放送でリスナーと一緒に盛り上がる「ライブ配信」も、スマホ1つで簡単にできる音声配信プラットフォームです。収録した音声は編集してSNSやポッドキャストへ配信できます。

2017年8月にサービスを開始し、2022年2月現在は昨年度比でユーザー数4倍以上に拡大しています。マネタイズも可能で、リスナーが配信者に対して応援の気持ちを贈る「さしいれ」機能により、「さしいれ」を受け取った数や配信頻度、再生回数、クリップ者数などサービスへの貢献度に応じて「ポイント」を入手できます。

上位100人の収益は年間1.4億円にのぼり、中には会社を退職して音声配信だけで生活を営む「専業トーカー」が複数名登場しています。100人分の総額だけで年間約1.4億円に上り、月次収益では最高額の配信者が500万円以上を売り上げています。

AWA

AWA

出典:AWA

AWAはサブスクリプション型音楽配信サービスです。9,500万曲以上を無料で聴くことができます。

なかでも特徴的なのが、ユーザーたちが交流しながら音楽を楽しむことができる機能「LOUNGE(ラウンジ)」です。リアルタイムに音楽を流し合ったり、チャットで会話したりできます。この機能を使って、音声のライブ配信が可能です。

NowVoice

NowVoice

出典:NowVoice

アスリートや将棋士、俳優、文化人などの声を楽しむことができるNowVoice。NowVoiceは誰でも配信できるサービスではありませんが、各界を代表するトップランナーの思いや考えを楽しむことができます。スマートフォンやPCから聴取可能です。

音声SNS

代表的な音声SNSをご紹介します。ユーザー同士がつながることができるのが特徴です。

Clubhouse

Clubhouse出典:Clubhouse

Clubhouseとは、アメリカの企業、アルファ・エクスプロレーションが開発している音声SNSアプリケーションです。アプリ上で会話を楽しんだり、興味のある人はその会話を聴取し参加したりできます。

日本では2021年に入り爆発的に人気になりました。ベータ版では招待制をとっていましたが、2021年7月の正式リリース版からは、誰でも招待なしで利用できるようになっています。

リアルタイムに会話ができるだけでなく、その会話を録音しアーカイブとして残すこともできる「Replay」機能が2021年11月に搭載されました。また、同じ興味や関心を持つ人とグループを作れる「CLUB」機能があります。

現在は一部のユーザーのみに適用されていますが、投げ銭によるマネタイズも可能です。クリエイターは売上の100%を受け取ることができますが、送金する側はClubhouseの決済パートナーであるストライプ経由で、少額の手数料を支払って投げ銭をします。

Spoon

Spoon出典:Spoon

Spoonは、株式会社Spoon Radio Japanが運営する個人向けの音声ライブストリーミングサービス。全世界累計3000万インストールを突破しています。

リアルタイムで配信できる「LIVE」、録音して何度も聴ける「CAST」、一言ボイス投稿ができる「TALK」の機能があります。雑談、悩み相談、本格ラジオ、声劇、歌ってみた、ASMRなど多様なテーマとカテゴリがあり、配信者をスプナーと呼びます。

Spoonでのおもな収益は、投げ銭です。 視聴者はプレゼント機能として配信者にアイテムを「1スプーン=10円」換算で購入して贈ることができます。

Twitter Space

Twitter Space

出典:Twitter

Twitter Spaceとは、Twitterが提供する、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話できる

音声ライブ機能です。アプリからTwitter Spaceを開始でき、誰でも開始したり参加したりできます。

Twitter Spaceでの会話を録音してアーカイブを残すこともできます。また、クリエイターが自身の主催するスペースによって収益を得られるように支援するサービス「チケット制スペース」では収益を得ることもできます。

まとめ|自社に合う音声配信アプリを活用しよう

今回は音声配信アプリの特徴、代表的なサービスをご紹介しました。それぞれユーザー層や配信方法が異なるため、どれを選べばよいか分からないかもしれません。

選定のポイントは、継続して配信しやすいアプリを選ぶことです。いくらユーザー数が多いプラットフォームでも、編集やアップロードに手間がかかるようでは途中で諦めてしまう可能性があるでしょう。また、いくら配信してもマネタイズにつなげられなければ、継続的に配信することが難しいと判断される場合もあるでしょう。

音声配信を始めるにあたり、どのポイントを重視するのか検討し、自社に合う音声配信アプリを利用してみてはいかがでしょうか。

音声配信アプリの特徴をひとまとめ!

エンタメやスポーツ、ビジネスなど、さまざまな場面でライブ配信が活用されています。

音声だけを配信する音声配信プラットフォームも人気を集めており、多くの企業からアプリが提供されています。

本資料では、ライブ配信アプリ・音声配信アプリの選定ポイントやサービスごとの特徴をまとめました。

音声配信アプリの選定にぜひお役立てください。

live_streaming_platform_guide

音声配信アプリの選定ポイントや特徴をまとめた資料はこちら

山本脩太郎
著者情報山本脩太郎

株式会社ベーシックに新卒入社。 インサイドセールスを経て、マーケティングメディアferretの編集部でインタビュー記事を中心とした企画・執筆などを担当。 同時期に数社のコンテンツマーケティング支援・インタビュー取材を経験。 2020年3月に株式会社ブイキューブに入社し、テレワークナビ編集長を務める。