ウェビナーツール比較7選。自社に合ったツール選定のポイントは?

ウェビナーツール比較7選。自社に合ったツール選定のポイントは?

ウェビナーを成功させるには、自社に合ったツールを選択しすることが重要です。そのためには、ウェビナーツールの種類や特徴、選び方を知っておく必要があります。

本記事では、ウェビナーツールの種類・形式を整理してご紹介し、具体的なウェビナーツールを紹介します。

ウェビナーの種類・開催形式

ウェビナーには、さまざまな配信形態があり、大きく配信の形式と場所によって分けられます。

まず、配信の形式としては、視聴者が同時刻で視聴する「リアルタイム配信」と予め録画した動画を配信する「オンデマンド配信」に分けられます。

リアルタイム配信であれば、ウェビナー参加者と主催者が同時刻に参加しているので、リアルタイムに質疑応答やコメントを受け付けるなど、コミュニケーションを取りやすいという特徴があります。

オンデマンド配信であれば、主催者はウェビナーの撮影・編集に集中してより良い動画を作成でき、視聴者はいつでもどこでも何度でも動画を視聴できます。また、リアルタイムで配信したウェビナーを録画して、あとからオンデマンドとして配信することも可能です。

ウェビナーの場所は、開催場所が外部会場(会議室)なのか、専用スタジオなのか、によって分けられます。

外部会場から配信・撮影する場合、一部の参加者のみ実地会場で参加し、他の参加者は動画を視聴する形式で開催できます。一方の専用スタジオからウェビナー配信する場合は必要な機材などが整っている環境で快適に配信できます。

Webセミナーの種類

それぞれのパターンで特徴を見てみましょう。

会場LIVE配信型(リアルタイム×外部会場)

外部会場(会議室)からリアルタイムで配信するウェビナーでは、一部の参加者が実地の会場から参加し、その他の参加者はリアルタイムで配信映像を視聴して参加する形式です。

一方通行な配信ではなく、双方向にコミュニケーションを取れる点が特徴で、質疑応答が発生したり、参加者側から発言が生まれたりする内容のイベントを開催するのにぴったりです。

▼実施ウェビナー例
社外向け:採用説明会、決算説明会・株主総会、リモート記者会見、新製品発表会
社内向け:全社キックオフ、表彰式、社内勉強会、営業本部会

スタジオLIVE配信型(リアルタイム×専用スタジオ)

専用スタジオからリアルタイムに配信するウェビナーでは、配信に最適な環境でウェビナーを届けられる点が特徴です。しっかりと準備をし、合成やカメラの切り替えなど、こだわった表現をしたい場合におすすめです。

▼実施ウェビナー例
社外向け:顧客向けカンファレンス、顧客向け操作説明会、パートナー向けセミナー
社内向け:オンライン授業・講座、社内研修

会場オンデマンド撮影型(録画×外部会場)

外部会場(会議室)で予め撮影した映像を流す形式では、撮影時の様子をそのまま映像として記録し、配信できます。撮影時に外部会場に一部の参加者が集まり、質疑応答などの様子も録画できれば、参加できなかった人向けにアーカイブ配信としても使えます。

▼実施ウェビナー例
社外向け:採用説明会、顧客向けカンファレンス、顧客向け操作説明会、パートナー向けセミナー
社内向け:オンライン授業・講座

スタジオオンデマンド撮影型(録画×専用スタジオ)

専用スタジオから録画して届ける形式では、ライブ配信ではできない作り込んだウェビナー動画を作成できます。例えば説明会やセミナー、社内研修といった、大事な箇所を何度も見たり、外部に展開して営業資料として使ったりしたい場合に有効です。

▼実施ウェビナー例
社外向け:採用説明会、顧客向けカンファレンス、顧客向け操作説明会、パートナー向けセミナー
社内向け:新規システムのマニュアル共有、社内研修、オンライン授業・講座

ウェビナーに最適なスタジオ3選!場所の確保から配信までサポート  ウェビナー配信に最適なスタジオのメリット・デメリットや特徴を紹介します。

ウェビナーツールの比較7選

ウェビナーの種類や開催形式を押さえたところで、ウェビナーツールを7つご紹介します。それぞれ特徴や機能、最大利用可能人数、料金をまとめました。

V-CUBE セミナー

V-CUBE セミナーのサービスサイト

V-CUBE セミナーでは、年間5,000件の配信実績を持つブイキューブが、ウェビナー配信を完全サポートします。また、講師と配信スタッフが直接会うことなく配信できる点も特徴です。

特徴・機能

  • 1対n型の配信向き
  • アプリのインストール不要、URLで簡単に入室可能
  • 専用サポート、専用スタジオがある
  • 高いセキュリティ

最大利用可能数

10,000拠点(台)

料金

要問い合わせ

V-CUBE セミナーの詳細を確認する

Zoom ウェビナー

Zoomウェビナーのサービスサイト

Zoom ウェビナーは、Zoomミーティングのオプション機能として利用できるウェビナーサービスです。視聴者登録やレポートなどのウェビナー運営に必要な機能が充実しています。

特徴・機能

  • 双方向型の配信向き
  • 事前登録フォームの作成可能
  • SFA・CRM・MAツールとの連携可能

最大利用可能数

  • インタラクティブな参加者が100人まで
  • 視聴専用の参加者は100人から10,000人まで

料金

Zoomミーテイングの有料プランを契約し、別途参加人数に応じたオプションプランを選択

*エンタープライズプランであればウェビナーオプションは標準機能で利用できます。

Zoomウェビナーの詳しい機能・特徴を見てみる

Cisco Webex Events

Cisco Webex Eventsのサービスサイト

Cisco Webex Eventsは、低コストで簡単にウェビナーを開催できるウェビナーツールです。高画質の映像を配信でき、参加者は端末の制限なくアクセスできます。成果をトラッキングできる機能も搭載しています。

特徴・機能

  • 高画質でビデオ視聴が可能
  • 端末の制限なくアクセスできる
  • プロモーションコードの利用で割引登録も可能

最大利用可能数

1,000名

料金

要問い合わせ

URL

Cisco WebEx Event Center - Cisco 

Cocripo(コクリポ)

Cocripoのサービスサイト

Cocripoは、とにかく簡単でサポートつきのウェビナーツールです。ウェビナーに特化したツールで、参加者の入退場履歴やアンケートも確認できます。

特徴・機能

  • ウェビナーに特化したツール
  • URLをクリックするだけで簡単操作できる
  • 入退場履歴やチャット履歴、アンケート結果も管理可能
  • 無料トライアルあり

最大利用可能数

  • フリープラン:3人まで
  • ビジネスプラン:100人まで
  • エンタープライズプラン:300人まで

料金

  • フリープラン:0円
  • ビジネスプラン:月額33,000円
  • エンタープライズプラン:月額77,000円

URL

コクリポトップページーウェビナー配信ツールー | コクリポ

Fresh Voice Webinar

Fresh Voice Webinarのサービスサイト

Fresh Voice Webinarは、業界初の挙手機能を搭載した、ウェビナーに特化したツールです。誰でも簡単に参加できるのが特徴で、アプリのインストールは不要です。

特徴・機能

  • 最大3名まで同時双方向通話機能
  • 録画・録音機能つき、サポートあり
  • 最新圧縮技術WebRTCを活用

最大利用可能数

50人

料金

要問い合わせ

URL

ウェビナー(Webセミナー)ならフレッシュボイス ウェビナー 

LiveOn

Live Onのサービスサイト

Live Onは、高音質・高画質で、簡単かつ手軽に始められるシステムです。Web会議やテレビ会議システムとして利用でき、ウェビナー開催用として録画・録音機能、出欠確認、アンケート実施・集計なども搭載しています。

特徴・機能

  • ホワイトボード機能あり
  • コールセンターやサポートセンターの呼び出し可能
  • 無料トライアルあり

最大利用可能数

150拠点

料金

  • ASP版(クラウド/SaaS型):初期費用78,000円/1ライセンス、月額3,000円(税別)/ライセンス
  • イントラパック版(オンプレミス型):サーバーソフト1,000,000円(税別)、クライアントソフトライセンス78,000円(税別)/ライセンス

URL

Web会議・テレビ会議システムなら日本製のLiveOn(ライブオン)

ネクプロ

ネクプロのサービスサイト

ネクプロは、BtoB企業のセミナーやイベント開催に特化したツールで、リード管理やWebフォームの設置、イベント管理が簡単にできます。視聴履歴やキャンペーンマネジメントも実施できるのが特徴です。

特徴・機能

  • 会員制で後日イベント情報を配信できる
  • SFAやCRMと連携させ、Webや視聴履歴などを分析可能
  • 受講票発行やQRコードでの来場受付なども簡単

最大利用可能数

50名

料金

月額5,000円〜

■URL

セミナー・イベントの開催・管理プラットフォーム|ネクプロマーケティング

最適なウェビナーツールを選定するポイント

自社に最適なウェビナーツールを選定するポイントを解説します。

明確な目標設定を行う

まず、ウェビナー開催にあたり明確な目標設定を行いましょう。目標がズレてしまうとツール選定にも支障が出ます。ポイントは「6W2H」を意識した目標設定で、なぜウェビナーを導入し、ゴールが何なのかをはっきりとさせることです。

  1. why(なぜ):イベントの目的が定まっているか?
  2. who(誰が):組織の誰が責任主体で、誰を関係者、協力者とするのか?
  3. whom(誰に):参加してほしいのは誰か?
  4. what(何を):イベント開催後のアクションを引き出すために必要なコンテンツは?
  5. when(いつ):どの時期、曜日、時間帯に開催・告知するか?
  6. where(どこで):参加しやすく、世界観を実現するために最適な場所はどこか?
  7. how(どのように):参加者が快適に楽しめるイベントの進行は?
  8. how much(どれだけ):予算はどれくらいか?

上記のポイントをしっかりと検討し定めておくことで、ウェビナーツールの選定も迷わず進められます。

ウェビナーを開催するにあたっての自社の準備状況を把握する

ウェビナー開催にあたって、自社がどこまで準備できているのかを把握しましょう。

必要最低限の機器や設備として、PCやWebカメラ、スピーカー、インターネット回線が挙げられます。また、ビデオカメラや三脚、照明、ストリーミングソフトウェアなどは、状況やイベント内容によって必要となります。

外部会場から配信するのであれば会場を押さえる必要があります。配信専用スタジオで撮影する場合でも、専用スタジオの場所探しや予約を忘れずに行いましょう。

このようにウェビナーにかける費用や人員を把握し、準備を進めていくことが大切です。

機能・サポートが十分か検討する

ウェビナー開催の目標設定を行い、必要な機能が洗い出すことができたら、目標達成に必要な機能やサポートがウェビナーツールに備わっているかを確認しましょう。

開催規模やアンケート機能、利用のしやすさ、サポート体制があるのか、などは事前に調べて自社に合うものを導入することがポイントです。特に、ウェビナーの場合、配信中に映像や音声が途切れるトラブルなどが発生することがあります。スタッフがすぐに対応してくれるサポート体制があると安心でしょう。

また、ウェビナーツールは月額定額制のものが多いですが、中には従量課金制のものもあります。月に何度もウェビナーを開催するのであれば、月額定額制のほうがお得に利用できます。

無料トライアルを利用して、使い心地を確認する

機能やサポート体制を見ても絞れないときは、無料トライアルを利用して使用感を確かめていきましょう。

使い勝手や機能を比較するためには無料トライアルやデモがおすすめです。一部の機能が制限されていることがありますが、基本操作やUIについては無料トライアルで体験できます。

まとめ|自社の目的に合ったツールを選定しよう

ウェビナーの種類や開催形式を押さえた上で、ウェビナーツールと選び方をご紹介してきました。

自社のウェビナーに合ったツールを選定するには、各ツールの機能や特徴を知ることも重要ですが、それ以上にウェビナーの目的やゴール、かけられる費用や人員など内部の状況を把握することが準備段階で必要です。

目的やゴールがぶれてしまうと、良いウェビナーツールを選んだとしても、うまく使いこなせなかったり、目標に到達しなかったりと失敗に終わる可能性が高まります。まずは、ウェビナー開催目的や準備状況を把握するところから始めてください。

はじめてのオンラインイベント開催ガイド

book_online_event_guide

ウェビナーやオンライン説明会など、オンラインイベントを開催する際に必要な情報をまとめた資料です。ぜひお役立てください。

内容の一部をご紹介

  • オンラインイベントを成功に導く事前準備ポイント
  • 配信ツールの選び方
  • プロが教える配信Tips

資料をダウンロードする

 

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。