Zoomビデオウェビナーとは?ミーティングとの違いや使い方・導入事例を紹介

Zoomビデオウェビナーとは?ミーティングとの違いや使い方・導入事例を紹介

Web会議システムのひとつである「Zoom」。遠隔でも会議を行えるZoomミーティングに加え、オンライン上でセミナーを行える「Zoomビデオウェビナー」という機能を提供しているのはご存知でしょうか?

Zoomビデオウェビナーを活用すると、セミナー形式で採用説明会や展示会などを開催できます。そこで、本記事では、以下の内容についてお伝えします。

  • ZoomビデオウェビナーとZoomミーティングの違い
  • Zoomビデオウェビナーで利用できる機能
  • Zoomビデオウェビナーを導入するメリット

「Zoomウェビナーを導入するべきか?」「どのように活かしていくか?」を考えるヒントとして、ぜひ最後までご一読ください。

オンラインの講演会やセミナーに最適な「Zoomビデオウェビナー」とは?

webiner image

はじめに、「Zoomビデオウェビナー」とはどのようなサービスかお伝えします。ツール名に入っている「ウェビナー」とは、ウェブとセミナーを合わせた造語で、オンライン上で行うセミナーのことを指します。そのため、Zoomビデオウェビナーは、オンライン上でのWebセミナーの開催に特化した機能を提供しているのが特徴です。

参加者は基本的にホストの映像とホストが共有した画面しか見られないため、実際にホールなどでセミナーを行うように、ホスト(主催者)が話し、参加者は聞くことに徹するというスタイルを実現でき、オンライン企業説明会や展示会を手軽に開催できます。

一方通行のコミュニケーションだけでなく、アンケート機能・投票機能・Q&A機能などを使って、参加者と双方向にコミュニケーションをとることも可能です。実際のセミナーのように参加者の反応などを見ながら進めることもできます。

【比較表】ZoomビデオウェビナーとZoomミーティングの違いとは?

次に、ZoomビデオウェビナーとZoomミーティングで利用できる機能の違いを表を用いてお伝えしていきます。それぞれの機能は、次の表の通りです。

blog_zoom_webinar7

 

Zoomビデオウェビナー

Zoomミーティング

利用シーン

大衆に向けて説明する場面に最適


セミナー

採用説明会

展示会

株主総会

など

主に会議や少人数での打ち合わせに最適


企業内のミーティング

取引先との商談

など

定員

500人~

※プランによって最大人数は異なります

最大100人~1,000人

参加者リスト

ホスト・パネリスト

全ての参加者が閲覧可能

画面共有

ビデオ共有

ホスト・パネリスト

全ての参加者

Q&A機能

投票機能

オーディオ

ホスト・パネリスト・ホストにミュート解除された参加者

全員

チャット

「参加者全員とチャット」「ホストのみとチャット」を切り替え可能

可能

メールでのリマインダー

PayPal統合

ライブ配信

Facebook、YouTube、Workplace by Facebook、Custom Streaming Service

Facebook、YouTube、Workplace by Facebook、Custom Streaming Service

※パネリスト…ホストと同じく画面共有やビデオ共有を行い、主催者側としてウェビナーに参加する人

参照:Zoom ミーティングとウェビナーの比較

ZoomビデオウェビナーとZoomミーティングの利用シーンの違いは、1人が大衆に向けて話すセミナー形式なのか、もしくは参加者で話し合いを行うミーティングなのかという部分です。

Zoomビデオウェビナーは、セミナー形式で開催することに特化しているため、Zoomミーティングにはない、

  • Q&A機能
  • メールでのリマインダー
  • 有料ウェビナーの開催

などの機能が搭載されています。

Q&A機能は、参加者が主催者に対し質問を送れる機能です。ウェビナー後の質疑応答の場面で活用できるので、より理解を深めてもらいやすくなります。

オンラインイベントやセミナーを実施する際は、積極的に「投票機能」や「チャット」を活用し、参加者と双方向にコミュニケーションをとれます。質疑応答のシーンでは、一部の参加者のミュートを解除し、参加者からの口頭での質問を受け付けることも可能です。セミナーの質と参加者の満足度向上につながりやすいでしょう。

また、メールでウェビナー開催前にリマインダーを送れるので、出席率向上にも直結。さらに、PayPalなどの決済サービスと連携して有料ウェビナーの開催も可能となっています。

Zoomビデオウェビナーを導入する4つのメリット

ZoomビデオウェビナーとZoomミーティングの利用場面や機能の違いがわかったところで、実際にZoomビデオウェビナーを導入する3つのメリットをお伝えします。3つのメリットは、次の通りです。

  1. 最大10,000人規模のセミナー開催が可能
  2. 参加者の個人情報を保護できる
  3. ウェビナーの質向上をサポート
  4. 参加者に手軽に出席してもらえる

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

1.最大10,000人規模のウェビナー開催が可能

Zoomビデオウェビナーでは、最大10,000人規模のウェビナーを開催できるのが特徴です。新作商品を発表する展示会や、多くの方に参加していただく株主総会など、大人数の方に同時に参加していただきたい場面で活用できます。

また、Zoomビデオウェビナーでは、以下のような参加人数に応じたプランが用意されています。

  • 500人
  • 1,000人
  • 3,000人
  • 5,000人
  • 10,000人

6つのプランが用意されているので、開催規模に合ったプランを選択できます。

2.参加者の個人情報を保護できる

webiar image2

ウェビナーの場合、個人の方や企業の方など、不特定多数の方が参加されるケースが多くあります。そのため、個人情報の保護はウェビナー主催者の義務とも言えるでしょう。

Zoomビデオウェビナーでは、参加者の名前はウェビナーの主催者であるホストとホストのサポーターであるパネリストしか確認できないようにあらかじめ設定されています。参加者の個人情報が保護できるように配慮されているので、主催者も参加者も安心して利用することが可能です。

3.ウェビナーの質向上をサポートする「レポート機能」

Zoomビデオウェビナーには、参加者の出席状況や離脱率を確かめられるレポート機能が搭載されています。レポート機能を活用することで、どの参加者がいつ参加し、いつ退出したかを確認することが可能です。

特にウェビナー導入当初は、不慣れなため段取り通り配信できず、参加者が途中で離脱してしまうおそれがあります。離脱されてしまうと、必要な情報を最後まで伝えられず機会損失につながります。

そのような事態を防ぎ、着実にブラッシュアップして質の高いウェビナーを開催するために、レポート機能の活用は必須です。

4.参加者に手軽に出席してもらえる

ウェビナーだからこそ、参加者が手軽に参加できることもメリットの一つです。オフラインでなくオンラインのため、移動時間や予定にとらわれずに参加できます。

また、Zoomビデオウェビナーの場合は、デバイスを問わず参加してもらえるため、パソコンやスマートフォン、タブレットなどから簡単に参加できます。

参加操作も簡単で、ウェビナーに不慣れな参加者でも簡単に参加できるでしょう。

詳しくは後ほどご紹介します。

Zoomビデオウェビナーの使い方

Zoomビデオウェビナーの使い方をご紹介します。主催者側と参加者側でわけて解説します。1ステップごとに見ていきましょう。

主催者側の使い方

ステップ1.スケジュールの設定

まず、Zoomの管理画面からウェビナーの開催日を設定していきましょう。管理画面でウェビナーを選択したら、以下の内容を順番に入力していきます。

  • トピック
  • 開催日時
  • 所要時間
  • 参加者登録の有無
  • パスワード設定(設定なしも可能)
  • ビデオ・音声の設定
  • 録画設定

全て入力が完了して、「スケジュール」を選択すると、ウェビナーのスケジュール設定が完了となります。

ステップ2.出席者・パネリストを招待する

スケジュール設定が完了したら、ウェビナーの出席者を招待しましょう。ウェビナーで登壇してもらうパネリストと視聴していただく出席者それぞれの招待方法は、次の通りです。

パネリストの招待方法

blog_zoom_webinar2

出典:Zoomヘルプセンター

  1. ウェビナーの設定画面より「招待状」タブを選択
  2. 名前やメールアドレスを設定する
  3. 「保存」を選択するとパネリストへ招待状メールが配信される

出席者の招待方法

出席者の招待方法は、名前やメールアドレスを登録してもらう場合と登録してもらわない場合の2種類に分かれます。

登録が必要な場合は、ホストが出席者へ参加リンクをメールなどで送り、必要事項の入力を行ってもらうことで完了します。

登録不要の場合は、参加リンクを送り、ウェビナー当日に開催時刻になったらリンクをクリックしてもらうことで参加してもらえます。

ステップ3.ウェビナーを開催する

ウェビナー開催日当日になったら、まず管理画面を開きます。

 

blog_zoom_webinar3

出典:Zoomヘルプセンター

ウェビナーのタブを選択し、「開始」を選択するとウェビナーが開催されます。

参加者側の使い方

参加者側の使い方をご紹介します。ネットに不慣れな方でも簡単に参加できる仕組みになっています。

ステップ1. Zoomアプリをインストールする

Webからの参加も可能ですが、アプリをインストールした方が安定した視聴が可能です。参加までに時間がある場合は、アプリをインストールしての参加を推奨します。

まず、Zoomアプリをインストールします。パソコンからの場合は、下記公式サイトからダウンロード可能です。

https://zoom.us/download#client_4meeting

インストール

ダウンロードできたらアプリを立ち上げ、サインインを行います。すでに登録済みの場合はログインします。

スマートフォンやタブレットから参加する際、iOSの場合は「App Store」、Androidの場合は「Google Playストア」で「Zoom」アプリをダウンロードします。ダウンロードできたらパソコンと同様に、サインアップもしくはサインインを行います。

サインアップサインイン

なお、アプリをインストールせずともWebから参加する場合も紹介しておきます。その場合は、Zoomビデオウェビナーの参加リンクをクリックすると開くページから、「ブラウザから参加してください」を選択して進みます。

ブラウザから参加

ステップ2. Zoomビデオウェビナーの参加リンクから参加する

アプリをダウンロードできたら、Zoomビデオウェビナーの参加リンクから参加します。Zoomビデオウェビナーの参加リンクには3つパターンがあります。

  • URLをクリックしたのちに「ウェビナーID」を入力するリンク
  • URLをクリックすればウェビナーの登録画面に遷移するリンク(登録リンク)
  • URLをクリックすればそのままウェビナーに参加できるリンク

1つ目のリンクの場合は、主催者はリマインドメールなどに分かりやすく「ウェビナーID」を記載しておくとよいでしょう。2つ目は、主催者が登録機能を活用している場合で、参加者の情報を取得したい場合に使われるものです。名前とメールアドレスを参加者に登録してもらう必要があります。

ウェビナーIDの入力や登録が完了すれば、自動的にウェビナーへと画面が切り替わります。パソコンの場合は、システムダイアログの「zoom.usを開く」をクリックすると、ウェビナールームに入室

その他、チャット機能やQ&A機能を確認する

チャット機能やQ&A機能についても確認しておきましょう。

チャット機能は、ウェビナー中にテキストでメッセージを送れる機能です。送信設定を「参加者全員とチャット」「ホストのみとチャット」で切り替え可能です。チャットにて質問を送ることもできますが、主催者によってはQ&A機能に集約することもあります。

Q&A機能は、ウェビナーの内容に関して参加者から質問できる機能です。参加者が送った質問は、ホストが確認できます。匿名で質問ができるように設定されている場合は、より安心してコミュニケーションを取れるでしょう。

 

Zoomビデオウェビナー導入事例

最後に、実際にZoomビデオウェビナーを導入した企業の事例を紹介します。どのように活用していくかイメージしていただければ幸いです。

株式会社タービン・インタラクティブ 会議室をウェビナー用スタジオにアレンジ 

zoom_webinar1

出典:Zoom|株式会社ブイキューブ 株式会社タービン・インタラクティブ様

株式会社タービン・インタラクティブは、Webサイト制作やマーケティング支援を行う企業です。2019年よりウェビナーを開始し、BtoBマーケティングに関するウェビナーを開催しています。

充実したウェビナーを行うために会議室を配信専用スタジオにアップグレードし、同時に、Zoomビデオウェビナーを導入されました。

Zoomビデオウェビナーを導入された理由は、以下の通りです。

  • パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットなどさまざまな端末に対応している
  • Zoomを使用しているビジネスマンが多いので、安心して利用してもらいやすい
  • 配信の安定性が高く、音声や映像が途切れにくい

よりきれいで鮮明な動画を配信するため、一眼レフカメラやスイッチャーなどの機材を導入し、ウェビナーに参加してくださるお客様と丁寧なコミュニケーションを実現しています。

参考:Zoom|株式会社ブイキューブ 株式会社タービン・インタラクティブ様

まとめ|Zoomビデオウェビナーでオンラインセミナーを行おうzoom_webinar6

Zoomビデオウェビナーは、企業説明会や展示会など、多くの方に向けて情報を伝えるセミナーをオンライン上で開催したい場合に最適のツールです。

最大10,000人の方に参加していただくことができ、参加者の方がより理解を深めるためのQ&A機能も搭載。さらに、安心して参加してもらえるよう個人情報の保護も徹底されています。

Zoomビデオウェビナーなら場所と時間を選ばず、全国・海外の幅広い方に情報を届けることができるので、ぜひ活用してみてください。

Zoom導入のポイントがわかる!Zoom導入ガイド

tw_thmb_zoom_introduction_guide

Zoomをより効果的に利用するために押さえておくべき点や、ブイキューブならではのメリットを紹介しています。ぜひお役立てください。

内容の一部をご紹介

  • Zoomをブイキューブでご契約いただくメリット
  • ブイキューブからのZoom導入実績
  • Zoomの各サービスとプランのご紹介

Zoom導入ガイドをダウンロードする

 

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。