• Webセミナー

これさえ読めば理解できる「オンライン研修」!メリットや成功させるコツを解説【参考事例付き】

これさえ読めば理解できる「オンライン研修」!メリットや成功させるコツを解説【参考事例付き】

近年、働き方改革の推進や、世界中で流行した新型コロナウイルスの影響により、一人ひとりの働き方や考え方を見直す企業が増えてきています。

日常業務をリモート化しようとする動きがある一方で、これまで集合型で行なっていた研修をWeb会議などを用いてオンラインで行う「オンライン研修」が注目を集めています。

ネットリテラシーがないと配信が不安、テレワークの一環で導入したいが進め方がわからない、などといった声を聞きますが、オンライン研修を活用すれば、下記のメリットを得ることができます。

  • 社員の移動費・宿泊費が不要
  • 受講者は国内外どこからでも参加OK!
  • 録画で参加できなかった受講者を簡単フォローアップ

そこで本記事では、オンライン研修に関する基礎知識からメリット・デメリット、運営を成功させるためのコツと、必要なツールをご紹介します。

本記事が今後の従業員・人材育成のご参考となれば幸いです。

オンライン研修とは、遠隔地でも受講できる研修スタイル

ここではまず、オンライン研修の定義や主な特徴について解説します。

オンライン研修とは

オンライン研修とは、Web会議システムなどを入れたPCやスマートフォンを通して、遠隔拠点でも受講できる研修のスタイルです。

この形態で研修を行う最も大きなメリットは、パソコンとWeb会議システムの環境さえあれば、受講者が日本全国どこにいても平等に受講内容を聞くことができる点です。

「Webセミナー」や「ウェビナー(Webとseminarを合わせた言葉)」「オンライン・トレーニング」とも呼ばれています。これらは研修に限らず、仕事のノウハウやイベントを行う場合にも使われます。

会議室など特定の場所に複数人が集まってオンライン研修を受ける「多拠点参加型」と、各人が自宅などから受講する「個別参加型」があります。

オンライン研修とは
オンライン研修では、実際に講師がいる研修会場と受講者がいる各拠点とをインターネットで繋ぎ、受講者は手元のテキストやPC画面上に表示される研修内容を確認し、講義内容を学びます。

オンライン研修の主な特徴

オンライン研修の主な特徴は以下の2つです。

1. 気軽にチャットで質問ができる

1. 気軽にチャットで質問ができる

出典:V-CUBE セミナー

オンライン研修では多くの場合、講義中に自由に質問ができるチャット機能が付いているので、気軽に講師や受講者同士で質問を投げかけることができます。

それにより、教える側と教えられる側の一方通行ではなく、双方向なコミュニケーションができる可能性が高まります。

2. eラーニングとの違い

オンライン研修とeラーニングとの違いは、リアルタイム性とアーカイブ性の違いです。

オンライン研修は、講師匠や受講者同士との交流やグループディスカッションなどを行うことができます。録画を観る、などの例外はありますが、基本的には研修とリアルタイムで受講者は同様の内容を学びます。

一方でeラーニングは、映像コンテンツやスライドなど、それぞれが個別のコンテンツになっており、受講者が好きなタイミングで視聴することができます。また、リアルタイムではないので、何度も繰り返し理解できるまで視聴できる特徴があります。

企業の中で育てたい人材像や目的を明確にした上で、それぞれを使い分けるようにしましょう。

オンライン研修のメリット・デメリット

オンライン研修を導入すると、どのような良いことがあるのか。ここではオンライン研修のメリットについて言及します。

メリット①:離れた場所でも研修を受けられる

メリット①:離れた場所でも研修を受けられる

出典:V-CUBE セミナー

オンライン研修最大のメリットは、全国どこからでも研修に参加でき、参加者が平等に研修・教育の機会を得られる点です。

本来研修は、本社に出向き、皆が一同に会議室に集まって受講するものです。一ヶ所にしか拠点がない企業はそこまで問題がないかもしれませんが、全国に支店などが散らばっている場合、リアル研修を行おうと思うと、場所や時間、スケジュールの調整など膨大な作業工数が必要となります。

オンライン研修ならば、時間とリンクを共有するだけで開催することができるので、労働生産性を高めるという意味でも非常にメリットがあります

また最近では、感染症の影響など、オフィスに集まるリスクも懸念されているのでそうしたリスクヘッジとしても有効でしょう。

メリット②:オンデマンドでの動画配信が可能

オンデマンド配信とは、あらかじめ動画ファイルを作成し、それをサーバにアップロードしておくことで、授業や講義をいつでもどこでも視聴できるようになる動画配信の仕組みです。これにより、仕事が忙しく研修に出られない方やシフトの合わない方でも研修に参加できるメリットがあります

また復習として研修動画を繰り返し視聴することでより、効果の高い研修を行うことができます。

メリット③:コスト削減に繋がる

リアル会場を使う研修では、事前・事後の準備に、膨大な手間がかかります。オンライン研修を行うことで、開催によるコストや時間、手間を大きく削減することができます。

分かりやすくイメージいただくために、一つ具体的な例を出しましょう。50名規模の社員研修を名古屋・大阪・福岡の支社で毎月1回ずつ開催するとします。

そのために講師と事務局員計2名が出張し、新幹線や飛行機を利用しての移動費と、現地での宿泊費がかかります。

さらに、50名を収容できる会場をレンタルすると、会場費も必要になります。これらを合計すると、半年で約432万円のコストとなります。

オンライン研修を導入すると、初期費用・月額費用を含めても大幅なコスト削減となり、配布資料を印刷する手間や業務効率のアップにも役立ちます

デメリット①:受講者同士の交流の機会が少ない

一方で、オンライン研修には注意点も存在します。

先ほど、研修講師と受講者との双方向のコミュニケーションはチャットなどによって容易になったと述べましたが、ヨコの繋がり、つまり受講者同士の交流は少なくなってしまいがちです。

オンライン研修のコンテンツが始まりから終わりまで、グループワークでない限りは基本的に一人で受講するものだからです。そのため、オンライン研修のみではメンバーの関係性を深めることは難しいでしょう。

対応策として、研修のプログラムの中にディスカッションの時間を設けるなどの工夫をしましょう。

デメリット②:実習型の研修内容には不向き

研修の種類には主に、講師が提供する知識や経験を学ぶ座学型のものと、学んだ知識をもとに実践して新たな学びを得る実習型の研修があります。

オンライン研修ではそれぞれの受講者が自宅もしくは別々の場所にいるため、皆が同じタイミングで同じ作業を行う内容の研修には不向きです。

その場合には、あらかじめグループ分けした状態でオンライン研修を開始するか、オンラインの特性に合った実習内容を実行すると良いでしょう。

オンライン研修に向いている企業の特徴

オンライン研修に興味を持ったものの、自社が本当にその施策に向いている企業なのか判断に迷われる方もいらっしゃると思います。まずはそこから判断していきましょう。

オンライン研修のコンテンツは基本的に、社内のものを使うか、社外から専門家などを呼んで行うものがあります。

以下の特徴に照らし合わせて、自社がどのような状況なのか把握しましょう。

オンライン研修に向いている企業

社内で研修制度を持っていない企業

自社従業員の人材育成・スキル向上を行いたい企業

このような企業で、Web会議システムを導入したほうがいい企業の特徴は以下になります。

Web会議システムの導入がおすすめな企業

今後、社内で研修のノウハウを貯めていきたい企業

複数拠点を持ち、均一の社内教育を行いたい企業

もし該当するのであれば、オンライン研修の導入で事業課題の解決に繋がる可能性は大いに考えられます。それでは、オンライン研修で最適な環境を整えるためにはどうしたらいいでしょうか。

以下では、おすすめのオンライン研修環境のためのWeb会議システムおよび動画配信ツールをご紹介します。

V-CUBE セミナー|WebセミナーのシェアNo.1の定番ツール

V-CUBE セミナー|Web会議シェアNo.1の定番ツール

出典:V-CUBE セミナー

V-CUBE セミナーは、Webセミナーのライブ配信や、オンデマンドコンテンツの配信ができるクラウド型配信サービスです。

映像音声とホワイトボード同時にリアルタイムな配信が可能なので、資料を説明しながらチャットやアンケートなどのツールを使用し、受講者との双方向のやり取りが可能です。

またセミナー後は、コンテンツをアップロードすることで、受講者の都合のいいタイミングで視聴も可能です。

V-CUBE セミナーの主な特徴は以下です。

・最大10,000拠点に配信可能

世界中から利用できる

・気軽に質問ができるチャットアンケート機能

オンデマンド配信サポートや専用スタジオを用意

専用アプリのインストール不要で視聴可能

オンライン研修としての用途のほか、Web会議を使用して、拠点、部署、担当者ごとでバラつきやすいスキルや習熟度を平準化することが可能です。

教育担当者が各拠点へ赴く必要も、各エリアの研修者が移動する必要もありません。オンラインでの集中した教育・フォロー体制を整えることで、社員の早期習熟度アップへ貢献します。

Qumu(クム)|企業向け動画配信プラットフォーム

Qumu(クム)|企業向け動画配信プラットフォーム

出典:Qumu(クム)

ブイキューブ社が提供する「Qumu(クム)」は、ビジネス動画を活用するための必要な機能が揃った動画配信サービスです。

企業内で使用されるオンデマンド動画を簡単に作成・配信することができます

効果的な使い方としては、以下のような用途があります。

情報共有の迅速化

・経営トップのメッセージ、業績発表などを動画でセキュアに発信

・製品・サービスの最新アップデート情報を担当者に迅速に配信

研修・トレーニングの効率向上

・社員研修やトレーニングを動画で配信

・製品・サービスのセールストレーニングを動画で配信

・マニュアルや操作説明・手順など動画で直観的に配信

コンテンツ作成コストの削減

・誰もが簡単にスライド連動コンテンツや画面キャプチャー動画を作成可能

・社内向けコンテンツは自分たちで作成し、外注コストを削減

セキュリティの向上

・企業内のAD情報などと連動し、グループ単位で視聴・作成権限などのセキュリティを設定可能

・コンフィデンシャルな動画の漏洩を防止

上記のほか特徴として、簡単で直観的な動画作成編集ツールが標準搭載されているので、初心者でも安心して動画作成が可能です。

PCやスマートフォンなど、マルチデバイスで対応もしているので、いつでもどこでも動画コンテンツを配信・視聴することができます。

Zoom ミーティング|オンライン研修で働き方改革を

Zoom ミーティング|オンライン研修で働き方改革を

出典:Zoom ミーティング

Zoomミーティングは、狭帯域のネットワーク回線でも途切れにくく、世界各国で75万以上の企業や組織で利用されているWeb会議サービスです。

Zoom ミーティングの導入シーンは様々で、オンライン研修のほかに、以下のようなシーンでも活用可能です。

・社内ミーティング

・拠点間会議

・取引先と商談や打ち合わせ

・現場を遠隔で支援

・採用面接

・テレワークの導入

Web会議の開催にライセンスを取得する必要があるのは主催者のみで、参加者は会議アドレスへ招待されることで、ブラウザから誰でもWeb会議へ参加できます

サービスプランや参考価格は以下のとおりです。

▼ライセンス別の主な比較表

 

Basic

(無料版)

プロ

ビジネスエントリー

エンタープライズ

契約ID数と価格(年間)

1ID

/無料

5〜9ID

/24,000円

10〜49ID

/26,400円

50ID以上

/お問い合わせください

グループ会議(3人以上)可能時間

40分まで

無制限

無制限

無制限

接続デバイス数

~100人

~100人

~300人

~500人

録画

ローカル保存のみ

ローカル

/クラウド保存

(1GB/ ID)

ローカル

/クラウド保存

(1GB/ ID)

ローカル

/クラウド保存

(無制限)

13年連続でクラウド型Web会議の国内シェアNo.1(※)を獲得しているブイキューブが提供するZoom ミーティングの有料版では、ミーティングの映像や音声を録画・録音してクラウド保存しておくことが可能です。

投票機能やユーザー管理機能もついており、ビジネスシーンでも快適に利用することができるでしょう。

また、プランに問わずメールでのサポート体制を提供しています。エンタープライズプランでは企業に合わせて導入・運用を支援してくれるなど、利用者に最適なサポートが充実しています。

※「2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向」調べ

Web会議ツール(環境編)

次に、Web会議に必要な周辺ツールについてご紹介します。

V-CUBE デバイス|様々なWeb会議システムで利用可能

V-CUBE デバイス|様々なWeb会議システムで利用可能

出典:V-CUBE デバイス

V-CUBEデバイスは、国内Web会議市場で13年連続最大シェアを誇るブイキューブ社が提供する、高品質かつ安心・安全なハードウェアです。

使い勝手の良さと高い機能性により、様々なWeb会議の利用シーンに対応可能となっています。

今回は、各ラインナップとスペックを以下にまとめました。

汎用型マイクスピーカー A500

汎用型マイクスピーカー A500

個人/ブース/小〜中会議室用
・USB/Bluetooth Ver.4.0 ※USB推奨
・2mの集音範囲
・バッテリー内蔵 ※12時間の最大通話時間
・自動集音レベル調整、自動ノイズ/エコー除去クロストーク対応

「A500」は個人利用から中規模の会議室利用までをカバーする汎用モデルで、集音範囲は約2メートルと広く、6人規模の会議に対応しています。

ノイズやエコーの自動除去機能、発生位置による音の強弱をフラットにする自動レベル調整、発話者にフォーカスするビームフォーミング技術など、クリアな会話を実現するさまざま機能を備えています。ノートPCに内蔵されたマイクとは一線を画す性能を持ち合わせています。

▼参考リンク

V-CUBE デバイス公式ページ

汎用型カメラ C300

汎用型カメラ C300

個人/ブース/小〜中会議室用
・4K/30fps、1080p/60fps対応
・120°の広い画角
・3倍デジタルズーム
・オートフレーミング機能

「C300」は、2~8人規模のWeb会議を想定した汎用的なWebカメラで、120度の広い画角を持ち、奥行きのない狭い会議室でも広い範囲を映せるのが特徴です。

また、人の顔を判別してデジタルズームと連動し、参加者がぴったりとフレームに収まるように自動的に調節するオートフレーミング機能を備えています。

▼参考リンク

V-CUBE デバイス公式ページ

高性能PTZカメラ C700

高性能PTZカメラ C700

大規模会議室用
・1080p/60fps対応
・78.5°の画角
・12倍光学ズーム
・9つの画角プリセット機能(画角の記憶)

カメラ部が可動するパン/チルト機能を備えたPTZカメラで、複数の登壇者やスクリーンを1台でカバーできるのが最大の特徴です。

光学12倍ズームにより、被写体を拡大するズーム時にも画質劣化のない高精細な映像を実現。画角は78.5度と広角ではないものの、映す場所をあらかじめ9つまでプリセットできるため、カメラの向きを素早く切り替えることができます。

また、これらのデバイスには3年間の製品保証や故障対応など、トラブル時にも安心な各種サービスが取り揃えています。

▼参考リンク

V-CUBE デバイス公式ページ

Krisp(クリスプ)|通話中のノイズが無くなる

Krisp(クリスプ)|通話中のノイズが無くなる

出典:Krisp(クリスプ)公式ページ

「自分の声を何度もミュートしてると集中できない」

「キーボードのタイピング音で集中できない」

「質のよい通話ができてない」

「静かな場所を探すのが大変」

こうしたWeb会議上の課題を解決するのが、ブイキューブ社の提供するKrisp(クリスプ)です。

一般的なイヤフォンなどに使われている騒音を打ち消す技術を用いたノイズキャンセリング機能とは異なり、入力音をディープラーニング技術によって「人の声」と「騒音」に分解し、人の声のみを送受信できるようにする独自技術が使われています。

街中の騒音や子供の泣き声など、Web会議に望ましくない音声を自動でシャットダウンしてくれるため、大切な顧客とのオンライン商談やWeb面接など、重要なビジネスシーンでは必ず導入しておきたいツールです。

基本の機能(デバイス1台まで)は、無料で使うことができます。3台以上のデバイスでのインストールを希望する場合の料金体系は以下をご参照ください。

Krisp(クリスプ)|通話中のノイズが無くなる

オンライン研修を成功させる3つのコツ

オンライン研修に必要な準備やツールがわかったところで、ここからはオンライン研修を成功させるコツを3つご紹介します。

1. 事前にWeb会議システムの操作説明を行う

オンライン研修を始める前に、受講者にシステムの使い方を説明するためのオリエンテーションを開くと良いでしょう。

非IT系企業や職種、部署、世代によって、インターネットサービス自体に慣れていないという場合もあり得ます。そうした方がメンバーの中にいると、研修が途中で止まってしまったり、その説明自体に大幅な時間を割かなくてはならないという状況も考えられます。

限られた時間を有効に使うためにも、オンライン研修で用いるWeb会議システムの技術トレーニングは行うようにしましょう。

トレーニングの内容は例えば、マイクやカメラのオン・オフといった基本的な操作説明でも問題ないでしょう。大切なことは、研修に付いてこれない人をつくらないことです。

2. 研修中の進行サポートメンバーを配置する

もし上記のような事前の技術トレーニングを行うことが難しい場合は、研修中のトラブルに対応できるようなメンバーを1人配置しておくのが良いでしょう。

Web会議システムの操作や機材のトラブルに対応できる人が理想です。そうしたメンバーがそばにいるだけで、受講者だけでなく講師側にとっても安心して研修を進行することができます。

3. 研修スケジュールは無理のない用意を

PCの前に座って1時間〜2時間、研修を受けるというのは、想像以上に体力・精神力を使うアクションです。そのため運営側は、受講者にとって無理のない研修スケジュールを組む必要があります。

講義テキストやコンテンツの構成など、受講者の集中力が落ちないような工夫をすることも大切でしょう。

オンライン研修/ウェビナーの活用事例3選

ここまでオンライン研修における概要やメリット、成功させるコツなどを解説してきました。一方で、具体的にどのような効果があるのかがイメージできていない方がまだいらっしゃるかと思います。

本項では、オンライン研修/ウェビナーを成功させた企業の事例を、ブイキューブ社の事例集から紹介いたします。

より詳しい内容を知りたい方は、こちらよりご確認ください。

全社員に画一的、均一な研修を実現|UTグループ株式会社

全社員に画一的、均一な研修を実現|UTグループ株式会社

出典:UTグループ株式会社HP

UTグループ株式会社は、「日本全土に仕事をつくる」を新たなビジョンに、日本の雇用サービス業界におけるリーディングカンパニーをめざしています。

経済環境の変化と労働者派遣法の改正により、派遣の活用ニーズが高まる中、全国のお客様の人材に関するニーズに的確にお応えするとともに、より多くの雇用と職場を創出し、社員の雇用の安定とキャリアアップ機会の拡大をめざしています。

10,300名の社員向け研修をV-CUBE セミナーでオンラインへ移行し、大幅にコストを削減。 さらに、V-CUBE ミーティングでオンライン採用面接にも着手しました。

課題

・広範なエリアに事業所があるため、同一レベルの研修を実施できなかった。

用途

・階層別研修2種類と専門研修1種類を、オンラインで実施。

・月例朝礼を全国に向けてオンライン配信。

選定した要件

・広範囲にオンライン研修を提供できるシステムであること。

評価

・全国を一度にカバーし、画一的な研修を実施できた。

・研修会場に集まるための旅費や、移動時間の無駄が削減された。

本事例についてより詳しく知りたい方は、こちらよりご参照ください。

ウェビナー開催で、デジタルマーケティングの強化と顧客との関係活性化|ヴァイサラ株式会社

ウェビナー開催で、デジタルマーケティングの強化と顧客との関係活性化|ヴァイサラ株式会社

出典:ヴァイサラ株式会社HP

ヴァイサラ株式会社は、日本においては、1983年より活動を開始し、気象、産業計測、ライフサイエンスの3つの分野で事業を展開しています。

東京本社の他、大阪と名古屋にセールスオフィスを持ち、気象および産業用計測機器、それらの付属部品の輸出入、販売、保守、修理業務を行っています。

V-CUBE セミナーを利用したウェビナー開催により、積極的にコミュニケーションを取る、アクティブなお客様が倍増したといいます。

課題

・マーケティングのグローバル戦略ではナレッジ・ベースのデジタルマーケティングに注力しており、日本でも展開する必要があった。

・グローバルで利用しているウェビナーシステムは、時差の関係からサポートなどに不安があった。

・限られた人的リソースでのウェビナー運営に不安があった。

用途

・年12回程度のウェビナーの開催。

・ライブ配信内容を録画編集した、オンデマンド配信コンテンツのライブラリ化。

・ナーチャリングプログラムへのライブラリの転用。

選定した要件

・運営・サポート体制が十分であること。

・安定してウェビナー供給ができること。

・障害発生時にもスムーズに復旧できる技術力があること。

評価

・カスタマーエンゲージメントが倍増し、うち30%がウェビナーを受講。

・ウェビナーから、リアルのセミナーへ参加、そして成約に結びつくお客様など、チャネルが拡大し、ナーチャリングとの相乗効果も上がることで、実績向上につながった。

本事例についてより詳しく知りたい方は、こちらよりご参照ください。

V-CUBE セミナーでエリアの顧客開拓と認知度の向上を実現|弥生株式会社

V-CUBE セミナーでエリアの顧客開拓と認知度の向上を実現|弥生株式会社出典:弥生株式会社HP

弥生株式会社は、中小企業、個人事業主、起業家向けに、会計や販売管理などの業務ソフトウェアの開発・販売・サポートをしています。

業務ソフト「弥生シリーズ」は現在、137万以上の事業者が利用し、市場シェアは約55%を誇っています。

「Liveネットセミナー」実施により、日本各地の顧客へのアプローチが可能になったといいます。

課題

・リアルの無料体験セミナーは、開催できる地域に限りがあり、全国各地で開催することができなかった。

・営業リソースが限られている中で、エリアへの展開を図りたかった。

用途

・V-CUBE セミナーを活用し、月2回、弥生シリーズ「Liveネットセミナー」を実施。

・Liveネットセミナーを録画しオンデマンド配信を実施。

選定した要件

・自社ソフトウェアの使いやすさ、簡単さをご覧いただくための画面共有ができること。

・二次利用としてのオンデマンド配信が可能であること。

・お客様のご意見をリアルタイムで収集できる機能(チャット、アンケート)があること。

評価

・今までフォローできていなかった地域の顧客にアプローチできるようになった。

・顧客の購買判断につながる情報提供ができた。

リアルのセミナーを各地で開催するよりもコスト的、人的負担を軽減できた。

 

本事例についてより詳しく知りたい方は、こちらよりご参照ください。

まとめ|オンライン研修で実現する働き方改革

今回の記事では、オンライン研修における概要やメリット、成功させるコツ、参考事例などをご紹介しましたが、ご参考になりましたでしょうか。

オンライン研修はリアル研修に比べて手軽で、従業員への教育機会の均等化、進捗の可視化など、利点が多くあります。

また、環境整備やWeb会議システムをしっかりと整えれば、より快適にオンライン研修を行えるばかりか、手間が減るため労働生産性を高められる働き方改革をも実現することができます。

 

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。

国内Web会議市場で13年連続シェア NO.1※!はじめてのWebセミナーは安心安全の「V-CUBE セミナー」で

リモートワークや在宅勤務など様々な企業でテレワークが進む中、インターネット上で講演や講義を実施する「Webセミナー」に注目が集まっています。

しかし、はじめてWebセミナーを導入される企業担当者さまの多くは、「はじめてでもきちんと実施ができるのか...」「導入が難しそう...」そう不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

そんな方にこそぜひ試していただきたいのが、東証一部上場企業であるブイキューブが販売するWebセミナー専用ツールの「V-CUBE セミナー」です。

従来の会場を手配して実施するセミナーと比較し、以下のようなメリットがあります。

  • 世界・日本中のどこからでも参加者を募ることができる
  • 会場を借りる手間や費用が一切かからないから、大幅なコスト削減につながる
  • 受講者側もパソコンやスマートフォン、タブレットでいつでもどこでも受講ができるためセミナーに参加しやすい

また、「はじめての導入が不安...」そんな企業担当者さまでも安心の24時間365日フルサポートが受けられます。ぜひこの機会にぜひV-CUBE セミナーの導入を検討してみましょう。

無料の資料ダウンロードはこちら

※1株式会社シード・プランニング『2019 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向』調べ