5年に一度開かれる国内最大級の防災展示会「東京国際消防防災展」が、2018年5月31日から6月3日にかけて、東京ビッグサイトで開催されました。

 

過去の災害を教訓として各種災害リスクを周知し、防火・防災意識と行動力の向上を図るとともに、各社が防災にまつわる最新の製品・サービスで新しい仕事の仕方をアピールするイベントです。

 

東京ビッグサイトの東5・6・7ホールと、広いスペースを占めて行われた本イベント、やはり目を引いたのは災害現場に出動する災害対策用車両です。

 

ベンツ製のクラシックはしご車も登場

ベンツ製のクラシックはしご車も登場


四輪車両のみならず、ヘリコプターやバイクも展示。また、災害対策用に製造されたドローンを出展している企業も多く見受けられました。

 

20180611_02

 

老舗和菓子メーカー

老舗和菓子メーカーも出展。常温で日持ちする羊羹を非常食としてアピールしていました

 

展示だけでなく、体験アトラクションも充実していました。下から見上げると気が遠くなるほど高く昇るはしご車体験は、整理券が配られるほどの人気。また、ヘッドマウントディスプレイを装着し、VRで地震のシチュエーションや建物内での消火活動を体感できるブースもありました。

 

展示だけでなく、体験アトラクションも充実

 ミニカーのジオラマも登場

ミニカーのジオラマも登場

 

子供たちが楽しめるスペースも多々設置

ポンプ車の乗車体験など、子供たちが楽しめるスペースも多々設置されていました

 

この他にも、米海軍消防隊によるセミナーや大手化粧品メーカーの講座など、さまざまな催しを開催。「防災・消防」を多彩な角度から切り取ったイベントとなっていました。

災害時における意思決定のスピードを早める「xSync」シリーズを展開

ブイキューブはこの東京国際消防防災展に初出展。ビジュアルコラボレーションシステム

「xSync Prime Collaboration」

「xSync Table」

「xSync Board」

の3製品を展示し、新しい情報共有の仕組みを提案しました。

 

20180611_07

 

緊急対応時における現状の課題は、情報伝達の齟齬にあります。ホワイトボードに情報を集約しても、それを別のフロアや離れた拠点へ正確に伝えることは困難です。FAXやメールを駆使しても、刻一刻と状況が変わる災害時には、情報がどんどん古くなってしまいます。

 

今回、ブイキューブが提案した「xSync」シリーズ3製品は、いずれも災害時に意思決定のスピードと質を向上させることのできる情報共有システムです。

 

xSync Prime Collaborationと連携したxSync Board

xSync Prime Collaborationと連携したxSync Board

 

遠隔会議システム「xSync Prime Collaboration」では、さまざまなデータをリアルタイムに共有することが可能です。この「xSync Prime Collaboration」を、複数人で同時に書き込みや指示ができる電子テーブル「xSync Table」、電子黒板「xSync Board」と組み合わせれば、離れている部屋や拠点で同じ情報をすぐに共有できます。

 

「xSync Board」では、通常のホワイトボードと違ってスペースを気にすることなくどんどん書き込めるうえ、この書き込んだ情報をデジタルデータにすることが可能です。タッチ操作式の「xSync Table」では、地図や文字、画像を一箇所にまとめて包括的に情報を把握できるほか、集まった情報を「xSync Table」と「xSync Board」の間で共有することもできます。

 20180611_09

「xSync Table」

 

ブースにご来場いただいたお客様からは、「同じ建物内での情報連携に困っていたので、まさにこういったものを探していた」「xSync Tableは可動式で、普段はモニター、緊急時には情報共有テーブルと使い分けられるのがとても良い」「有事の際は現場から本部へ声を届けるのが大変だが、これなら簡単にできそう」といったお声をいただきました。

 

 

「xSync(バイシンク)」緊急対策ソリューションのご紹介(動画:3分9秒)

※こちらの動画は、動画配信プラットフォーム「Qumu(クム)」で配信しています。

 

 

ブイキューブ目黒オフィスではxSyncシリーズのデモをご覧いただけるほか、体験セミナーも随時開催しております。xSyncシリーズの詳細情報や導入事例もございますので、ぜひ下記をご参照ください。

 

 

関連サイト

・アナログ感覚で情報を集約できる災害発生時の情報集中管理ソリューション

・熊本市役所様 事例

・宮崎県庁様 事例

・「xSync」シリーズ製品サイト

 

 

https://jp.vcube.com/event/seminar/emergency-operation-seminar.html